スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WS大会レポ2 ショップ大会

ショップ大会に行ってきました。先に言っておきますと、結果もそうですが。内容が酷すぎました。自分の実力の無さに呆れるしかありません。
では、いってみましょう。

2/10木曜
会場:ブックセンターいとう東中野本店
人数 形式:7人 スイスドロー
レギュレーション:オープン(実際はネオスタンのみ)
使用デッキ:3色宇宙人みくる改

1回戦 長門単
前回の初戦と同じ対戦カード。
こちらのL0は割られないが、相手のL0を割り続ける。アタック数に差がついたままL1へ。
相手のL1の2ターン目に1/1/7000を2枚立てられるが、助太刀をガン握りしておいたので返り討ちに。
ここを起点に主導権を握る。以降、相手のアタッカーが沸かなくなる。
相手L3先上がりから《おめかし 長門》。後列に1枚出していた《宇宙人 長門&朝倉&喜緑》が処理される。
ここで更に相手は《夏祭り 長門》を出して《残り二週間の夜》。しかし、おそらく勘違いと思われるプレミ発生。こちらの《夏祭り 長門》が後列に下げられていたため、《夏祭り 長門》が残る。こちら10500で相手14000だったので、助太刀圏外だった。
アタックによってL3に上がる。
《ネコミミ みくる》でロックし、こちらも《残り二週間の夜》を張ってソウル2キャラ2枚を刈り取る。
そのまま続けて勝利。

2回戦 黄緑メルブラTD改
最近始められたとのこと。
結果を先に言うと、負けました。その時は全く自覚がなかったのですが、終わってから考えると、誰がどう見ても嘗めていた。CXの動きはお互いに全く問題なし。言い訳の余地は一切ない。結果が全てを物語っている。

L0はこちら有利で問題なく進行。

L1に相手が先上がり。後列に応援2枚と、前列に1/0バニラ、1/1/7000、1/1/6000アンコを並べられる。6000、8000、6500。
この盤面に対して、私はサイドアタックを連発。《水着のハルヒ&長門》が引けず、1/1/4500カウンターである《“新しい”タタリ》の影がちらついたのもありましたが、それでもあの日和っぷりは有り得ない。なぜハンドを攻めるという当たり前の発想に至れなかったのか。
返しに助太刀で1/1/7000を割ろうにも、パワーラインを見誤っており、失敗。
そのまま1000/1CXでこちらがL2-5に。
《宇宙人》を並べて《夏祭り 長門》を早出し。ただし後列1枚はアタッカーという不毛さ。
盤面を決定し、CXも無いのでアタックフェイズ突入を宣言しようとした時、《“新しい”タタリ》を消費させなかった自分の愚かさに気付く。
こちらの長門は10500.対して相手は先ほどの3枚がそのまま残っている。《“新しい”タタリ》を撃たれれば、どこで殴っても相打ちか負け。
ここでの私の選択はサイドアタック。もうね、本当に救いようが無い。1/1/7000がなんとか1面を取って残りは真ん中でチャンプ。

そしてターンを渡す。相手はL2。
相手クロックセットツードローをスルー。途中に1回スルーがあったのと、CXを張って殴ることが多かったため、この時点で相手の手札は4枚。
キャラを1枚圧殺しながら《夢魔 白レン》が2枚登場。これで左右9500+500なので10000。1000/1CXを撃たれても11000なので助太刀圏内……と思っていたらここで《“新しい”タタリ》。1000/1CXまで張られて2枚の長門が討ち取られる。通って3-5。

こちらセッツースルーからネコミミロックトラハルおめかし追加まで展開。《残り二週間の夜》を張る。
相手のハンドは0なのレン2枚を倒す。相手ストックは5ほどあったが、コストアンコールはなし。
ここで相手が3-3。こちら3-3。
相手盤面にはソウル1が2枚。経験のためにレベル置き場にソウル2が置かれている上、ネコミミのソウル-1、CX封じと合わせて勝利を確信する。
相手ターンドロー。セッツードロー。
出てきたキャラは《堕ちた真祖 暴走アルクェイド》と《使い魔 レン》。ソウル2のキャラが2枚発生。
うげ、と思った時点で既に時遅し。
「フロント2点から2点」「通ります」「フロント2点から2点」「通ります。ありがとうございました」

3回戦 エリー単
L0の動きは問題なし。多少相手が事故っているくらい。CXを張ってL1をスキップさせる。
相手はL2初ターンになっても2パンで、十分にストックが確保できない。
《水着のハルヒ&長門》でのらりくらりとしていると、返しに《本好きなエリー》が登場。ここでハッとする。
エリーのチェンジを、リフレッシュタイミング調整で防ぐところまで頭が回っていなかった。
《夏祭り 長門》を10500で立てた返しに《ハロウィンナイト エリー》が登場。更に《恥ずかしがり屋 エリー》と《トライアセンド》で長門が割られる。
この後は少し曖昧で、確か相手がL3先上がりだったはず。それで3-3だったかな。
そこから《ハロウィンナイト エリー》が舞台に計4枚出揃う。3-0に。
余った枠に《恥ずかしがり屋 エリー》が登場して長門が再びアディオス。こちらL3に。確か3-1。
ストックは潤沢だったので、ネコミミおめかし夏祭りで《残り二週間の夜》。これを2枚目3枚目でキャンセルされる。打点が通らない。
こちらの返しのキャンセルもそこそこ強く、3-3か3-4くらい。
その返し、2枚目のみくるで延命手段を確保しつつ、《サムデイ イン ザ レイン》で3点が3面。しかしまたもや全キャン。
結局11500をほとんど割れないまま敗北。


と、いうわけで、1勝2敗です。
事故はなかった。自分の実力がもろに出た結果です。
自分自身のアホさ加減に心底呆れた。穴があったら埋めてもらいたい。
慢心からくるひよりきった糞プレイング。メルブラプールの把握不足。ひいては知識不足。
更にそれを次の試合に引きずって集中力を欠き、プレイング方針を定めないまま進めてしっぺ返しを食らう。パワーライン確保もおざなりで、3戦目は、どう考えても《ギタリスト 長門》を出しておくべきだった。
全力のプレイングを出来ずに負けるのは、事故とは比べ物にならないくらい悔しい。

と、いうわけで、大反省会でした。大会レポ=反省レポート。
ちょっと読むに耐えない記事でごめんなさい。でも良い勉強にもなりました。
あ、トリサバ出場は無事決まりました。2次募集をするとなると、1次応募者は全員通ったっぽいですね。1200人とか尋常じゃねえ。もし当たることがあれば、その時はよろしくお願いしますね。

それでは、また次回。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

めさん

Author:めさん
基本的にme(読み:みー)であちこち活動しています。
Twitter:mizki_me
SkypeID:mizki_me

記事へのコメント、なんでもお待ちしております!
 

*このブログ内のカード画像、テキスト等の著作権はブシロード様及び各製作会社様にあります。

最新記事
最新コメント
Twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

あずにゃん時計
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。