スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミク

発売しましたね!
旧弾電子の歌姫XRのかわいさに絶望して、新弾L3ミクのかわいさに打ちひしがれて。

ここ4年間、ひたすらテキストでWSをしてきたはずなのに、イラストでWSしたくなるタイトルです。
1枚も持っていないので、組ようがなく、ツイッターのタイムラインに流れてくる画像を、指をくわえて見ていますw

構築面では、ラブライブとの差別化に苦慮されている方が多く見受けられます。
高いL3のラインと、優秀な後列、椎名の存在から、山盤面ともに堅いゲームを目指すのが良さそうという話を聞きました。

確かに、高ライン回復L3+椎名の相性は抜群で、ゴールをそこに置きたいと感じました。
ガウル+集中の性能が圧倒的で、そこが差別化のネックになっているのだと思います。

0の選択肢が増え、高性能なアド集中も手に入れました。
1前列がネックで、0から繋がり、2以降の動作に歪みなく移行できるカードがパッと見当たらないのが、構築難度を上げているのではないでしょうか。

というのも、1前列はCX連動のカードが多く、それがゴールを目指す障害になりがちです。
上述したようなミクやラブライブの勝ち方は、0からの積み重ねで勝利に近づくものであり、構築段階で不安要素は極力取り除きたいところです。
瞬間瞬間で理不尽を押し付ける、黄緑艦これとは真逆の性質を持つとも言えます。

相手に左右されない、という観点でカードを探すと、
ストックを極力かけないパターンの最大値で言えば、
6000-6000-6000と並べて、後ろにホワイト-マジシャンを置き、1500-1000の振り分け助太刀を成功させることで、6500-6500-6500に、1500-1000-500-500という振り分けが可能ではありますが、前提条件が恐ろしく多くなります。

《タイムマシン》の複数面連動は、揃いさえすれば状況・相手に左右されにくく、数的アドバンテージだけみれば魅力的です。『揃いさえすれば』がネックなのと、1で盤面を空けることが、コンセプトに逆行しがちなのが気になります。
0で面を埋めるように殴って相手のレベルを上げることで、多少の緩和が利くと思いますが、0のプールを見ると、あまり得意でないように見えます。
とはいえ、タイムマシンは私の中での有力候補で、対抗馬を考えています。

けして弱いプールではないはずなので、考えようだと思います。
何が強いかを考えて、その誤りの部分をむしろ証明して、別の考えを探して、を繰り返したいと思います。
決めつけず、過信せず、凝り固まらずに。試すのはタダです。

雑記なので、これでおしまい。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

めさん

Author:めさん
基本的にme(読み:みー)であちこち活動しています。
Twitter:mizki_me
SkypeID:mizki_me

記事へのコメント、なんでもお待ちしております!
 

*このブログ内のカード画像、テキスト等の著作権はブシロード様及び各製作会社様にあります。

最新記事
最新コメント
Twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

あずにゃん時計
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。