スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

涼宮ハルヒの憂鬱 デッキレシピ

L3 8
夏祭りの長門4
おめかし長門1
トラブルガール ハルヒ3

L2 5
ギタリスト 長門3
部室の長門&古泉1
みくるとの出会い みくる(大)1

L1 14
温泉の長門&みくる4
水着のハルヒ&長門4
待機モード 長門3
魔法使い長門&シャミセン3

L0 15
長門 有希4
宇宙人 長門&朝倉&喜緑4
観察者 長門2
いつもの長門1
温泉のハルヒ2
ウェディングドレスのハルヒ1
夏祭りの夜 ハルヒ1

CX
残り2週間の夜4
サムデイ イン ザ レイン4

来週発売のEXブースター涼宮ハルヒの憂鬱を使用した、青赤ハルヒです。
《宇宙人》を軸にした構築は《色褪せた世界》の禁止、《夏祭りの長門》の登場により、一躍台頭してきたデッキタイプですね。
《色褪せた世界》存命中に私がメインで使用していた、従来のダメージレース重視の赤青ハルヒよりも盤面を取れるようになりました。《水着のハルヒ&長門》を集め辛くなったので、そうせざるを得なくなったという側面もありますが。

以下レベル別解説

L0
CXをトリガーすれば手札が増えるので、積極的に殴っていきます。噛めば随時《宇宙人 長門&朝倉&喜緑》で掃きつつL0をサーチして、アタック回数を稼ぎましょう。ダメージレース有利に繋がります。L0で4、できれば5回殴れればいい。
ピンの《いつもの長門》はサーチから出てくるハイスペックアタッカー。4000以上を楽に出すので非常に扱いやすいです。
《温泉のハルヒ》はガン積みが多いのですが、2枚を別のものに差し替えてみました。
まず《ウェディングドレスのハルヒ》ですが、これは割と好みの問題。個人的にはピン大安定。痒いところに手が届くようになります。
《夏祭りの夜 ハルヒ》はデッキパワーを落とさない色要員です。と言ってもテキスト起動機会は滅多に無いので保険的な意味合いも。L0で引いても温存せずに殴らせて結構。

L1
0で多く殴るので、おそらく相手が先上がりしているはず。従来だと《情報制御空間の死闘》で殲滅していたのですが、それはできないので勝てるところを潰していきます。特徴パンプ故にバニラが強く、有利を取りやすくなっています。《水着のハルヒ&長門》も最大限利用しますが、L2を考えると1枚は温存しておきたいところ。
1/1/7000は返しの相打ちが恐いと言いますが、相手を先に上げてしまえば相手ハンドに圧力をかけて行けることには間違いないし、ダイレクト枠も貰える。怖気づかずに出して相手のL1を殴りましょう。このデッキなら返し10000まで出ますしね。
こちらが先上がりなら、《待機モード 長門》を立てるかは相手のデッキを見て判断します。
ちなみに《“いつも”のハルヒ》は不採用です。《色褪せた世界》がないからというのもそうですし、盤面も取れない上個人的に1面空くのは好ましくない。必要性を感じません。

L2
このデッキの本番(と同時に弱点)。
ブン回ればこのレベル帯のまま勝ててしまう。
上がったら《ギタリスト 長門》を1枚後列に追加。早出しを狙っていく。
先上がりがいいか後上がりがいいかは状況によりけりといった感じですが、目安として、14500以上を出してくるようであれば、《夏祭りの長門》で待ち構えるのは避けたいところ。
リフ直前はCXシナジーに固執せず、きっちり8枚戻すように動くのもポイントです。
《部室の長門&古泉》が強いのは言わずもがな。《みくるとの出会い みくる(大)》は相手に3000助太刀を意識させるのと同時に扉からの選択肢として採用しています。
 
L3
相変わらず頭の悪い《おめかし長門》が暴れまわります。L3の2種がCXありきのカードなのに、最悪CXを引けなくても戦えてしまうとかわけわかんない。
CXを引いたら引いたでその2種のカードパワーが凄まじいんですがね。
ハルヒはおまけで(ハンドに集めることは十分に可能だが、CIP回復と扉がメイン)、おめかしから《残り2週間の夜》シナジーを連打していれば勝ててしまう。



L2が弱点でもある、と書きましたが、この《宇宙人》軸を使ったことのある方ならご理解いただけるのではないでしょうか。
レシピから分かるように、L2を《夏祭りの長門》に依存しきった構成になっています。つまりは相手依存なんですよね。12000+2000~3000を割られるか割られないかで180度相性が違います。割られなければ鬼神の如き強さなのですけれど。
無いものねだりはみっともないですが、《色褪せた世界》があれば、《水着のハルヒ&長門》を使いまわしまくってどうにでもなるんですがね。《宇宙人 長門&朝倉&喜緑》で今でもできないことはないですが、どうしても数が足りなく、引きに依存せざるを得ません。
で、この相手依存の緩和策として《チャイナドレスの長門》が挙げられます。赤青ハルヒでは馬車馬のように働いてもらったカードです。スロット、ストックにどうにかやりくりをつけて、投入を実現させたいところですね。
 
《ネコミミ みくる》とL3長門2種のネオスタンとは思えないレベルの超絶良い相性を考えたら青緑の方が強そうなんですが、私には《ネコミミみくる》を使いこなせなかったので、しばらくは青赤を煮詰めようと思います。《チャイナドレスの長門》の他にも、構築、プレイング両方に、解決策となるロジックは眠っているはずなので。
 
長くなりましたが、今回はここまでです。
それではまた次回。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

めさん

Author:めさん
基本的にme(読み:みー)であちこち活動しています。
Twitter:mizki_me
SkypeID:mizki_me

記事へのコメント、なんでもお待ちしております!
 

*このブログ内のカード画像、テキスト等の著作権はブシロード様及び各製作会社様にあります。

最新記事
最新コメント
Twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

あずにゃん時計
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。