スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴァイスシュヴァルツ デッキレシピ 赤緑ディスガイアver.2012春

こんにちは!
需要があるかもわからないけれど、DGの紹介です。
基本的に公式を見れば、アーキタイプは分かるとは思いますが、とりあえず私はこれを使っているよって話。

L0 14
4*人狼族の執事 フェンリッヒ
4*“イワシのチカラ”ヴァルバトーゼ
3*“世界で一番強いやつ”エトナ

2*天使見習いフロン

1*セクシー悪魔志望ハナコ

L1 18
4*ラハール&マオ
3*魔王ラハール大統領閣下
3*元・天使フロン
1*悪の美学 ヴァルバトーゼ

4*姉御肌のプリニー
3*飛天無双斬

L2 5
3*最凶の魔王ラハール
2*“ビューティー男爵”中ボス

L3 5
4*超魔王ラハール
1*神への反逆者 ヴァルバトーゼ

CX
4*通りすがりの魔王
4*『絆』のチカラ


キーカードは、DGにのみ許された凶悪兵器、《飛天無双斬》。
これを相手の痛手として打てば、そこでほぼゲームが決まると言っても過言ではない。
長門、化物語、同型etc... 挙げ始めたらキリがない。
存在そのものが相手の後列展開を阻害し、8000~9000の《魔王ラハール大統領閣下》をより高い壁に。
それをより強固にするのが、L0のDG4コンビ。相打ち無効の5000を越えるための2000/1CXを要求することで、閣下に割く分を消費させることができる。

こんなことを言っておきながら、1/1はメインプランではない。
あくまでも選択肢のひとつであり、基本は《ラハール&マオ》から《最凶の魔王ラハール》を引っ張ってくる動き。
飛天! と宣言したあとの2-0から、有効時間の長い魔王が通りすがる。
飛天による2点から3点のビハインドを取り返す魔王の蹂躙。
満身創痍の相手が展開してきたL2を刈り取るために、1ターン我慢することも多い。

ストックソウルCXの生む、1ターンに4枚のストックは、《超魔王ラハール》2枚プレイ分であり、使うと分かる強さ、ありがたさ。

《元・天使フロン》は、アンコール付与までついたアドバンテージメイカー。
1/0上がりで1色しか出ていない状況でのありがたさには涙が出る。
回収テキストの使用先は、《最凶の魔王ラハール》《“ビューティー男爵”中ボス》の足りない方か、特になければ《超魔王ラハール》の3択。
L1の2ターン目、あるいは飛天を打った直後、ダイレクトができるなら前に出る。

飛天周りから考えて、ここまで自然にカードが入っていくのが赤緑DG。
某人の言葉を借りるなら、理論なんて後付けなのだけれど。

細かいところを見ると、中ボスが2枚である点と、《“世界で一番強いやつ”エトナ》。

前者に関しては、回復量自体は少なくないものの、ダメージにシビアでなければならない。1枚にして、拾いたい場面で拾えないことは容易に想像できるため、2枚の枠を作った。

後者は、相打ちの枠に、コンボデッキ《エトナトップコントロール》のキーカードを組み込んだ。
相打ちの必要性に疑問を感じた。
盤面を空けて被ダメージを上げる点、《ラハール&マオ》とのアンチシナジー、《人狼族の執事 フェンリッヒ》とのシナジーの弱さから、デッキの強みに逆行し、浮いている雰囲気さえあった。
デッキを歪めずに、相手に与えるプレッシャーを増やすことができ、お気に入りの枠。
4000ラインの確保と、ラハマオの有効時間も拡大させる。
コンボには固執しないが、タイミングが合えば相手は死ぬ。
警戒してデッキ掘削カウンターを拾ってくれると、回復リソース等々に回っていたはずの分が勝手に無効札になる。

今後のイクサの台頭を考えると、メタカードとしての《“ピンポンダッシュ”アクターレ》の枠を考える必要が出てきそう。
エトナの枠になるとは思うけれど。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

めさん

Author:めさん
基本的にme(読み:みー)であちこち活動しています。
Twitter:mizki_me
SkypeID:mizki_me

記事へのコメント、なんでもお待ちしております!
 

*このブログ内のカード画像、テキスト等の著作権はブシロード様及び各製作会社様にあります。

最新記事
最新コメント
Twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

あずにゃん時計
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。