スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WSコラム6 集中の処理

こちらに書いたように3/2付けでQ&Aが更新され、一部情報が訂正されました。と言っても、この記事がまったく無意味になったわけではないので、訂正部分をわかるようにしておきます。

まどかマギカのレシピのコメント欄にある、集中テキストの解釈に関してです。

そこのコメント欄を読んで下されば、概ね理解できるとは思うのですが、一応補足を。

☆今回問題になったのは、サーチ(山札からカードを引っ張ってくる)を行う集中である。
>何が問題? 
テキストの書かれ方と解釈によって、処理が若干異なる。

>どう異なるの?
集中“失敗”時に、山札の中身を確認するかしないか。
また、確認しない場合でもシャッフルは行うのか。

>なぜ問題なの?
マーカーの中身や裏向きのままストックに飛んだカードが特定できるかできないかの違いが生じる。
シャッフルを行う場合、デッキボトムに送られたカードを移動させることができる。
前者では情報アドバンテージをやり取りするため、巻き戻しに意味はなく、処理を間違ってはならない。

>例を挙げて説明して!
《妖精の尻尾のマスター・マカロフ》《さまよい続ける少女 八九寺真宵》《“ふっかつのじゅもん”麻衣》《見守るほむら》は、集中でCXがめくれなかった場合、それ以上はなにも起こらない。シャッフルのみを行う。
これは、テキストが『それらのカードのクライマックス1枚につき、あなたは自分の山札を見て《条件》のキャラを1枚まで選んで』と書かれているため、0枚の場合、山札を見る以降のテキストを実行できない。

また、それに続く文章が、
「《条件》のキャラを1枚まで選んで相手に見せ、手札に加える。『その山札をシャッフルする。』」
となっている。
ここで、『その山札』とは、
×集中でカードを捲った山札  
○中身を見て、カードを1枚まで選んだ山札
を指す。

集中を行った山札を指し、また独立した文章のため。シャッフルのみを行う。

つまり、集中でCXが0枚だった場合、山札のシャッフルを行うことができない
というわけである。





変わって、《魔法少女カレイドルビー》《“冷笑”デッドマスター》《美琴の妹 ミサカ》では、CX0枚でも山札の中身を確認し、シャッフルすることができる。

『あなたは自分の山札を見て《条件》のキャラをX枚まで選んで相手に見せ、手札に加える。その山札をシャッフルする。あなたは自分の手札をX枚選び、控え室に置く。Xはそれらのカードのクライマックスの枚数に等しい。』

というテキストのため、X=0の時でも、山札を見ることができる。
『その山札』も、見た山札を指すため、シャッフルを行う。


>覚えにくい! なんか覚えやすい分類はないの?
あるよ!

・手札が増える集中は、ノーヒットならそこで終わり。(それらのカードのクライマックス1枚につき~ と書かれている)
・増えない入れ替え系は、ノーヒットでも山札確認、シャッフルまで。(あなたは自分の山札を見て《条件》のキャラをX枚まで選んで~ と書かれている)

これで今のところ例外はなさそう。
とりあえず、これを頭に入れておけば問題ない。
某OCGと違って、カードごとに裁定が違うのではなく、テキストそのものが違うため、読めば理解できる。

公式が告知すると思うので、大会に行く際は印刷して持っていった方がいいかもしれませんね。
他になにかあればどうぞ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

めさん

Author:めさん
基本的にme(読み:みー)であちこち活動しています。
Twitter:mizki_me
SkypeID:mizki_me

記事へのコメント、なんでもお待ちしております!
 

*このブログ内のカード画像、テキスト等の著作権はブシロード様及び各製作会社様にあります。

最新記事
最新コメント
Twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

あずにゃん時計
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。