スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Angel Beretta!! feat.Yui

先日、20歳になりました。今後ともよろしくお願いします!
それから、このブログが、WS公式のユーザーサイト2ページ目に移動になり、非常に恐縮です。
なかなか更新頻度は上がっていきませんが、お付き合いいただけたら幸いです。

ネオスタンダードAngel Beats!!
【Angel Beretta!! feat.Yui】

L3 7
《理不尽な運命への抵抗 ゆり》*2
《単独行動 ゆり》*4
《結弦の心臓 かなで》*1

L2 4
《佇むかなで》*1
《それぞれの道 ゆり》*1
《心配するかなで》*1
《百人力の手練 椎名》*1

L1 17
《“神の使い”天使》*4
《2代目ボーカリスト ユイ》*1
《仲良し夫婦 ユイ&日向》*1
《不敵な視線 ゆり》*1
《共同戦線 かなで&ゆり》*1
《皆を見送る役目 かなで》*2
《オペレーター 遊佐》*1
《戦線の敵 天使》*2

《オペレーション・トルネード》*4

L0 14
《戦線への勧誘 ゆり》*4
《作戦会議 かなで》*4
《着痩せするタイプ 高松》*1
《鼓動の記憶 音無》*2
《解けた葛藤 ゆり》*3

CX
《戦いの後》*4
《オペレーション・トルネードfeat.ユイ》*4


白いゲームは某氏に任せ、黒いゲームをするエンジェル・ビーツ!に。そんなリスト。
フルゲートAB! との差異は、そのままCXの違い。ストックブーストCXのもたらすドラ(ソウルアイコン)の増量と、ストック増加は、ABに非常にマッチしている。
キャントリップCX(2000/1)の場合、前者を満たすことはできるが、プレイ時のソウル上昇値が心許なく、相手のCXすべてが全体ソウル上昇CXだった場合、ダメージレースで不利をつけることになってしまう。
ソウル+2CXの場合、ソウル上昇値に関しては言うこと無しだが、序盤中盤での扱いの難しさ(連動キャラがL2、ストブはブースト分のストックでできることが多い)に加え、《理不尽な運命への抵抗 ゆり》プレイ時にプレイする際、打点の微調整が利きにくいため、今回は見送った。
ターン開始時ストックが3の場合にも、ゆりプレイ→ストブプレイで撃ち抜くための最低限のストックを確保できる泥臭さも評価したい。

対応キャラであるユイは、『使われると嫌だけれど、自分で使う人は少ない』カード。テキストの効力は見たままで、アンコール封じはABミラー、Fate(マスターであれサーヴァントであれ)、ディスガイア等の、一線級のデッキから、パっと思いつくだけでもギルクラ(遠くを見据えるいのり)、シャナ(ヴィルヘルミナ)、ミルキィ探偵(天然少女、制服のエリー)等の伏兵的なデッキまで、物のついで的に、広範にメタを張ることができる。
制限改訂により、返し8000↑を持つデッキは減少し、強力な1/1/7000サポートを持たず、1/1/7500を持たないタイトルはアッパースペックのアンコーラーを用いて凌ごうとする中、このカードの採用価値は大きく高まっている。
また、早出し勢に対しても、3種後列キャラ(ゆり、遊佐、レベル応援かなで)+見送るレストパンプを振って連動すると、12000まで出力でき、カウンターを強制させることができる。

このカードの弱さはやはり、メインアタッカーに据えることができない点。
それを、AB最強のイベント《オペレーション・トルネード》をガン投でフォロー。それに伴い、ピン投カードの多い禍々しいレシピに。
本来はトルネード4投からスタートしているのだけれど、結果的にはそういった形になった。

トルネードから召集できる回収テキスト持ちはよりどりで、
《不敵な視線 ゆり》……5000で殴れてアンコールも付くハイスペック水鉄砲。トルネードと合わせて高速リフレッシュや、場にキープしてハンド浄化。ストブとの相性良好。
《共同戦線 かなで&ゆり》……0-6でターンをもらった際に、トルネードから拾って2色発生+ハンド浄化。L3ゆりをストックコスト0で拾える有能ちゃん。
《着痩せするタイプ 高松》……空き枠に放り込む。L0では自身を回収してパンチ数水増しも。終盤素引きから圧殺L3回収。ストブを張りながらL0で3パンすると脳汁が溢れる、万能なABのイケメン。
《鼓動の記憶 音無》……メインアタッカーへの絆。ローコストでハンドが1枚増える。回収した絆先は、壁を立てるのではなく、コケる前提で後出しして殴らせると○。

仲良し夫婦は、適当に見た目勝ちで投げつけたあと、トルネードで再召集をかけるためのアタッカー。トルネードはハンドにある分を撃ちきるのではなく、余裕があれば次ターン解決用に1枚残したい。

トルネードで捲れることの多い『2枚以下』から回収可能なL2の枚数も散らした。
優先度は、レベル応援>椎名>佇む=チェンジ元
潤沢なストックを用いてL3で前列を埋めることになるため、レベル応援を置きたい。

全体の流れをまとめると

・L0
 《作戦会議 かなで》《鼓動の記憶 音無》《“神の使い”天使》の相性の良さに感謝しながらアタック数を稼ぐ。
 L1で《オペレーター 遊佐》をプレイする必要がある場合は《解けた葛藤 ゆり》もアタッカーに勘定する。

・L1
 《オペレーション・トルネード》からの選択肢で、行きに負担をかけていく。
 L0でのキャンセルが少し多いだけで、ストックを残しながら早期リフレッシュを決めることが可能。
 《神の使い 天使》は後出しカードだが、《戦線への勧誘 ゆり》でフォローできるならば。
 ハンドに集めるL3キャラは、1枚目の《単独行動》>2枚目の《単独行動》>《結弦の心臓》>《理不尽な運命への抵抗》

・L2
 L2の2ターン目を貰えた場合は、セッツースルーできると良い。スルーからの絆プレイで、擬似1コスト1回復!(

・L3
壁を作り出すことのできる《単独行動》と、フィニッシャーを奪う《結弦の心臓》で、回復しながら負けないゲームを。《百人力の手練 椎名》の追加テキストも生きてくる。
 ABの耐久力のボトルネックになっていたストック量だが、ゲームを通して2ストックほどのアドンバンテージを取れているはずなので、苦しさを感じることはないはず。
 いちど《単独行動》で連動をすれば、次のターンの盤面もほぼ確約されるので、被打点を減らしてゲームを詰めたい。《理不尽な運命への抵抗 ゆり》をプレイすることなく ゲームが終わることもしばしば。
 打点が思うように止まらない苦しい展開の場合でも、少ないリソースからゆりっぺが発砲できるので、泥臭いゲームで食らいつきたい。


こんな感じで! ノータイムでフルゲート! とは言いたくなかったので、こんな形に。
お試しあれ。
スポンサーサイト

WGP予選その6

先週の土曜日に、町田ゲーマーズでの予選に参加してきました。
ABとZeroの発売直後でしたが、Fate使用者の姿はなく、ちょっと残念。

参加は16人。使用は8ショットAB。

1回戦 まどほむ ○
先攻スタート。
CXを引き込み続けるくせに《神の使い》がこけたりしてぐだぐだ。3面を踏み続けて、ぐちゃぐちゃっとしたままゲームは進む。
《天使の翼 かなで》に任せてCXをプレイし続けて、押し込んで勝ち。

2回戦 緑赤とある(木山選抜) ×
全国区プレイヤー、ストレイシープさん。柔和な人柄で、終始緊張感とわくわくの入り混じった、楽しいゲームをすることができました。マナーの良さという点において、強プレイヤーの鑑だと思います。

先攻スタートから、打点有利をつける。1-6リフを決め、こちら2-1時点で相手をL3に。屋根下も出てこない都合の良い流れ。
《水着の初春》で回復されながら、相手が3-2になったところでこちらがL3に。満を持してゆりっぺ登場。
2-2-x-2を作って、アタックフェイズ。こちらの山は3枚で、ショットアイコン1枚が確定。
あちらの山札はの中にはCXが4枚。
2から3点ショット、これをキャンセルされ、ショット1点。3-3。次の2点もキャンセル。
ここで、相手の山は8枚、CXは2枚。相手方は屋根をハンドに持っている状態。つまりリフで殺すことは不可能。
X=4を選択。これをキャンセルされ、アタック2から2。これが通って3-5。
返し、リフレッシュからこちら3-2。
3-3-1-1(屋根下)で負け。

3回戦 3色まどほむ ×
後攻スタート。
お互いに0でのキャンセル量が多かったが、こちらのキャラが生きて殴り数有利に。相手に6枚見えたところで、高松-ゆり-かなででCXを張って2-3-3。相手のL1をスキップさせる。
《舞い降りる天使》と対応キャラの存在から、レベル応援展開もなし。
返しに《天使の翼 かなで》からキャラをサーチし、牽制。L2アタッカーが沸かないまどほむに盤面を返されることなく、相手をL3に。3-0から、《戦い続けるほむら》素出し。
返しにだだ通って2-6。セッツーから、ゆりっぺ-不器用な対立-L0と並べて、《舞い降りる天使》。
ほむほむをバウンスしながら殴る。次ターンもバーン可能なほどストックがあったため、2-3-2-3で殴って3-4に。
2点回復から殴られて、こちら3-3。
《結弦の心臓 かなで》をプレイして3-2に。
3-2の相手に2-2-X-2を見舞うが、決まらず。
返しに打点ぴったり用意され、キャンセルしないまま負け。

後上がりから4パンを2回して相手が立っていられたというのは、流石に信じがたい光景だった。

4回戦 ドッグデイズ ○
後攻スタート。
L1後上がりから、2面で天使の翼が連動して、相手の6500キャラを叩き割る。
終始相手の場に2枚の《正々堂々 レオ》が設置されていたが、途中1枚ハンドに舞い込んだトルネードもクロックに流したため、置物状態。
終始3面踏みを行って、相手を先にL3に。
こちらの捲ったショットアイコンが軒並みキャンセルされ、CXが消費されていく。
余裕を持って後上がり。3-3の相手にゆりっぺ含みで打ち抜いて勝ち。


結果:2-2(論外)

弱いの一言。
北海道行きがなくなったので3枚目は必要ないのですが、もうちょっと大会に出ようと思います。
明日の新宿では、勝てるよう頑張ります。
それでは。

今日のカード 9/14

おはようございます! 久方ぶりの“今日のカード”です。
さくっと参りましょう!

ws_today_b (1)
《“魔法の第三感情”クリーミィ☆かがりん》
なにこのイラストアドバンテージの塊。
フリルが! タイツが! キャラゲーとしてはRRで間違いない。

ではTCGとしては、という話になると、うーん。
デメリットを設定されるほど強力なテキストとは言い難い。
『加速』というキーワード、即ち1クロック増加というのは非常にシビアで、相応のリターンが求められる。
この場合のリターンのパンプアップは、リスクリターンがお世辞にも釣り合っているとは思えない。
レベル0、1キャラのクロック増加は、それをケアしてゲームをするための時間が残されているが、レベル2となるとそうはいかない。

ただ、繰り返しになるが、イラストアドは尋常じゃないので、是非1枚は手元に欲しいカード。

ws_today_b2 (10)
《“カリスマ魔女様”朱音》
この制服もかわいいですね、やっぱり。

突然記事を書いた理由が、まさにこのカード。
テキストは読んだまま、『回復メタ』。
処理に関してのQ&Aを載せておきます。ホリさんツイッターより転載。

今日の会長によくある質問
▼クロックが2枚控え室に置かれたら→2回発動します。
▼レベルアップ→発動しません。
▼クロックから控え室以外→発動しません。
▼あなたの効果で相手のクロックが控え室に→発動しません。
▼ストックが1枚以下の場合→2枚控え室に置くことは選べません。


ダメージ有利をつけてしまってから放り投げても良し。回復してから立たせても良し。どうしても回復したければ、圧殺登場回復でも可。
パンプテキストまでついたイベント(キャラ回収対応)のような、そんな立ち位置。
基本的に、プレイして自分が想定外に不利になる場面はほぼ考えられない。とんでもないパワーカード。
2種類の青い既存L3とも仲が良い。

リライトが環境に食い込むようだと、非常に面倒。
選抜規制後にこのカードの登場という追い討ちをかけられたゼロ魔ユーザーは、辛い冬を送ることになりそうです。

赤青マスターver.1.0

Fate/ZeroとAngel Beats! の正式発売日ですね!
とりあえず、Fateよりマスタービートをば。

ネオスタンFate 赤青マスター『Nice Middle』

L3 8
《凛&アーチャー》*4
《言峰 綺礼》*3
《万象の王 アーチャー》*1

L2 1
《破城槌 イリヤ&バーサーカー》*1

L1 17
《聖堂教会の求道者 綺礼》*4
《内なる虚無 綺礼》*4
《必勝への策謀 時臣》*2
《水着のライダー》*3
《アゾット剣》*4

L0 16
《"アーティスト"龍之介》*4
《水着の桜》*1
《無邪気で純朴 アイリスフィール》*2
《異端の流儀 切嗣》*4
《反英雄 アヴェンジャー》*4
《“魔力放出”セイバー》*1

CX
《別れの言葉》*4
《乖離剣エア》*4

荒いが、実戦級のカードがリストに揃うような形。
1/0神父セットが強力なのは言うに及ばず。さらに振り分けカウンターまで構え始める。
《アゾット剣》は非常に使い勝手の良いイベントで、神父の行きの弱さを補完すると共に、カウンター、レベル2、レベル3と、手札に呼び込みたいカードに手が届く。
否めないレベル2の弱さ、レベル1からの10000/11000クロックアンコール+サーチテキストの非凡さから、チェンジで呼び出すことも十分視野に入る《言峰 綺礼》は、さながら新世代の《超魔王ラハール》。溜まりやすいストックを使ってお好きにどうぞ。
これだけ選り取りみどりなL3キャラが、全て回復持ちというのが目を引くが、基本的には《凛&アーチャー》によるエンドを目指せるので、射程距離を広げる程度の認識で。

基本リストはこんな感じ。これをブラッシュアップしていきたい。

Angel Beretta!! ver.1.5

L3 8
《理不尽な運命への抵抗 ゆり》*3
《憧れの実現 ユイ》*3
《結弦の心臓 かなで》*2

L2 2
《クールビューティ 岩沢》*2

L1 15
《“神の使い”天使》*3
《天使の翼 かなで》*4
《皆を見送る役目 かなで》*2
《戦線の敵 天使》*2

《オペレーション・トルネード》*4

L0 17
《作戦会議 かなで》*4
《戦線への勧誘 ゆり》*3
《解けた葛藤 ゆり》*4
《鼓動の記憶 音無》*2
《多生の絆 音無》*1
《着痩せするタイプ 高松》*3

CX
《戦いの後》*4
《ガルデモの思い出》*4

戒め的デッキリストアップ。
《鼓動の記憶》あるいは《着痩せするタイプ》からの3パン→トルネード連打→《天使の翼》*2以上からの連動がメインプラン。
《神の使い》はハンドアンコールコスト兼、後出し投げ付けアタッカー。

L1までの挙動が強いが、L2以降にすんなり流れていかない。弱い。
岩沢→ユイの形骸化も無様で無残。
前回の【Angel Beretta!! 】よりはマシ程度の代物。
《佇むかなで》に差し替えるだけなのも何か違う。0から1への流れを受けて『これだ!』と言えるものを、私の脳髄では未だ発見できず。
迷走中。
FC2カウンター
プロフィール

めさん

Author:めさん
基本的にme(読み:みー)であちこち活動しています。
Twitter:mizki_me
SkypeID:mizki_me

記事へのコメント、なんでもお待ちしております!
 

*このブログ内のカード画像、テキスト等の著作権はブシロード様及び各製作会社様にあります。

最新記事
最新コメント
Twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

あずにゃん時計
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。