スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WS今日のカード 

ゼロの使い魔パートに入りましょう。

ws00042502.jpg
《途切れぬ想い サイト》
デジタル画質。

普通に出すことはないだろう。2コストも払えるわけはなく。
2種類のカードと、デザイン段階でシナジーするため、ここではさらっと流す。

ws000423.jpg
《笑顔の別れ ルイズ》
感動のシーンなのかな。

1コストで前述のサイトくんを想い出に吹っ飛ばして、1/0/6000に。
この思い出送りは、L3ルイズのテキストを100パーセントで使うための必要経費なので、気にせず払える1コスト。
サイトくん4枚はやりすぎかなあ。L1時点で控え室に落ちていて欲しいので、集中があっても4(ルイズ)-3(サイト)くらいか。

img_125614_23058706_0.jpg
《無意識の力 ルイズ》
レイプ目ルイズ。

ほむらちゃんに引き続き、出てしまった白サイドのリフレッシャー。
まあアホのように強いわけで。
デッキ枚数調整はいくらでも可能なタイトルで、かつハンドを綺麗にするテキスト持ち。
更に《虚無》『ルイズ』と優秀な特徴とネーム。

チェンジ先をハンドに加えられる超安心設計。
強力なイベントが多く、スペースを割きたいゼロ魔的に、リフレッシャーとチェンジ元をひとつのカードで賄えるのは有難すぎる。
願ったり叶ったり、使われる側は超げんなりなスーパーカード。

《人質救出作戦》からこのカードをプレイするとか余裕過ぎる。


ws00042501.jpg
《相思相愛 ルイズ》
あらかわいい。

チェンジ先であり、最初に紹介したサイトくんとのシナジー持ち。
回復するチェンジ。
《ワールドドア》は扉CXで、基本的にL3はこの子を軸に考えるプレイヤーが多いはず。

で、サイトくんがノーコストで思い出から帰ってくる。
さらに3000修正。
15500で殴れる強さは、もはや語るに及ばず。
長門はもちろん、屋根下+木山+ビッグスパイダー、リーム+シリル+ファークリン+ガドフォールも踏み潰す。

仮にサイトくんが思い出から戻ってこなくても、3000修正だけは入れることができる。
L2で一連の流れがきちんと決まると非常に強力な動きとなる。

強力なカード郡であることは間違いないが、課題としては、チェンジするターンのフロントアタックのし辛さ、ルイズをきちんと守れるかが挙げられる。
このセットを使う場合はレベル応援は入らないはずなので、《エクレールダムールの花》あたりで守ることになるか。
更に、どこまでいっても相手のハンドを奪うカードのため、全体的な傾向としてハンドを奪う能力に乏しいゼロの使い魔プールの強みに逆行している印象は否めない。
フィニッシュ手段を別に用意する必要がある。
《微熱のキュルケ》《キュルケ・アウグスタ・フレデリカ・フォン・アンハルツ・ツェルプストー》《惚れ薬の力》《アンリエッタ・ド・トリステイン》等が現状有力か。


ws_today_site.jpg
《デルフリンガーの相棒 サイト》
俺を使え!(意味深)

刺さる範囲は比較的限られるものの、場所を選ばないバウンスは非常に強力。
《最凶の魔王ラハール》をバウンスすれば、相手は《超魔王ラハール》1枚=1点回復分のストックを失うし、《揺れ動く気持ち まどか》を戻すと、さやかちゃんが弱くなったり、回復が1ターン遅くなったり。
そもそも、全てのドローフェイズチェンジはこれ1枚で封殺できる。
《さやかの願い》を打たせないために、舞台から『さやか』ネームを消し去ってもいい。

CXがキャントリップなのも手伝って、非常に扱いやすい良カード。

ws_today_b2 (7)
《伝説の使い魔》
旧赤RR、《ガンダールヴ サイト》に対応させられるカード。
ガンダールヴが凶悪カードに進化した。

img_125614_23043092_0.jpg
《ガリアの王族 タバサ》
くぁいい。

連打可能な集中。
ノーヒットでもデッキを見てシャッフル。

文句無く強いテキストなのだけれど、ゼロ魔にいるの? これ。
連打して強い山を作るのはゼロ魔の勝ち筋ではないだろうし、そもそも、そこに使うストック的余裕はないはず。
生れ落ちたタイトルが悪かった、そんな1枚。


はい、ちゅーこってようやく終わりました。つかれたー。
DCもゼロ魔も相当強化されそうですね。
ゼロ魔は、したいことを絞って、ストックを割くべきところをきちんと考えておかないと、ストック面で痛い目を見そうなイメージですね。
それでは、また次回!

アクセルワールドが面白いから、古本屋に原作を買いに行こうか思案中……。
スポンサーサイト

今日のカード 4/23-4/30

こんにちは! ようやっとゴールデンウィークになりましたね。
1週間、更新していなかっただけでこの溜まりよう。
いつから2枚更新がデフォになったのだろう。

記事の書きやすさを優先して、順番を前後させることがありますが、ご了承をば。

DCをまとめて先に紹介。


img_125614_23070953_0.jpg
《内なる想い 姫乃》
初期のカードからさんざん見てきた構図ですね。かわいいけど。

応援キャラの持つ+αのテキストしては悪くない。が、呼んでくる先が弱いのでなんだかなあ。
パンチャーを水増ししながらクロック増やせるよ、程度のもの。
相手がキャラを出す度に大きくなる《年下のクラスメイト さら》を1-0からプレイできる点に関しては評価できる。


img_125614_23058706_1.jpg
《柔らかな休日 さら》
イラストを、全体的にもうちょっと上にできないものか。
SRになるとカメラが少し引くんですかね?

相手の3500以下のアタックを抑制できるか、というとそうでもない。
アタックフェイズのはじめに公開を行うため、相手をする際は2500以上を正面に置いておいて、サイドの選択肢を持てば良い。
上述の《年下のクラスメイト さら》の兼ね合いで、DC側は先上がりしたいはずなので、ダイレクトが優先されるわけではない。

弱いカードではないけれど、移動キャラ《3バカ》に役割を食われがち。

img_125614_23043092_1.jpg
《お寝坊 姫乃》
ヘソがあざとい。

問題のカード。DCには禁忌と言われた『手札が増える集中』。
《小川で遊ぼう!》と《虚無のルイズ》《セーラー服のシエスタ》の組み合わせは、ちょっとWSを遊んだプレイヤーなら、誰でも一度は聞いたことのある凶悪コンビ。
ただし、姫乃+小川の威力自体は、強いものの脅威とは言いがたい。
アドバンテージを得る、という視点ではなく、器用さでこのコンビを見てもらいたい。

従来、《小川で遊ぼう!》の終盤の動きは、キーカードの引き込みやトリガーを確定させるものだった。
これに加えてさらに、『アドバンテージを取りながら、リフレッシュ前のCXを処理できるようになった』という点が強力で、事故回避と無縁だった(できない的意味で)DCが、CX事故と無縁とはいわずとも疎遠になった。

更にこのカード、かの《如月 影ニ》のDCⅢネオスタン互換で、単体のカードパワーも凄まじい。
毎ターン、後ろで兄さんのために寝続ける姫乃の姿が簡単に想像できる。

RRとか本当にタチが悪い。《水着のツグミ》を超える価格がつきそう。
DCⅢをやるなら、4枚持っておいても損はしないと断言できる。

img_125614_23070953_1.jpg
《溢れる想い 立夏》
エリk(ry

カードセット、涼宮ハルヒの憂鬱きってのパワーカードである《水着のハルヒ&長門》を赤くしたらこうなりました、なカード。
姫乃集中から持ってくる動きがシンプルながらも強力で、その点も水着と似通う。

さらとこのカードでL1は十分にゲームできる、はず。
文句なく強力なカード。

img_125614_23081514_1.jpg
          
ネタバレ配慮らしい。いい心遣いだと思います。

パっと見、思い出*1000修正に見えてビビるが、そんなことはないそこそこのカード。
弱くはないが、強いのかこれ状態。
キーワード『記憶』を参照するカードがないわけではないので、そちらに期待か。

あ、《新聞》持ってない。割とオワコン。

img_125614_23081514_0.jpg
《“好き”の気持ち 立夏》
女の子とはいえ50kg前後はあるはずなのだから、主人公くんの背骨が心配な今日このごろ。

最近ナリを潜めていた身代わりカード。
対応先がストックを要求されていることから、おそらく1/1と踏むが果たして。

まあ、よほどのカードでない限り、こういったアタックされない前提のカード枠は、3バカでいいという悲しみを背負っている。

img_125614_23077264_0.jpg
《甘えん坊モード 葵》
かーわーいーいー。

《新聞》シナジーをバッサリ切った後列キャラ。
2枚並べると飛天で死なないよ、みたいな。別にどうでもいい。
CXシナジーでノーコスト回復は強いが、そのためだけに《小川で遊ぼう!》を投入するのは愚策。
回復はおまけ。
葵のカードがどれだけ強いかでこのカードの価値が決まる。

ネオスタンで採用圏外の場合は、白リーグでメイド美魚と一緒に回復し続ければいいと思うよ!
美魚がデッキ内のCX濃度あげてくれるからヒットしやすいよ! ほらほら!
「トラハル*3 サムデイインザレイン 1-3-1-3-1-1 アッシター」

img_125614_23077264_1.jpg
《夢いっぱい》
夢おっぱい。以上。

img_125614_23050828_1.jpg
《勤労少女 葵》
葵がビジュアル的にDCⅢでは一番好き。
葵かわいいよ葵。

クロックアンコール。間違えないよう。
上のパンプと組み合わせても現状切ないので特に言うことはない。
2点クロックアンコーラーは強いのだけれど、DCが欲しいカードでもない。
なので、物のついでにクロックアンコールの間違えやすい処理について。

『山札が1枚の時、クロックアンコールを宣言しました。正しい手順で処理してください』

はい。常識レベルですけれど、一応。

0.葵が控え室に落ちる
1.クロックアンコールを宣言
2.デッキトップをクロックへ
3.リフレッシュ
4.葵を舞台に置く(はずだったが、山札に混ざってしまい不発)
5.リフレッシュポイント解決

となります。


こんなところで。
続けてゼロの使い魔へ。長くなったので別記事に。
では。

WS大会レポ WGP予選

はい!
ちゅーこって、もう先週の話になりますが、権利書争奪戦に参加してきました。
参加した場所は2箇所、大会数で言えば4回です。
というのも、1箇所目は日曜日、ユーザー開催の大会で、1日の間に3回大会が行われるというありがたい場所でした。ただ、あちこちで見かける強いプレイヤーが集まっていてプレッシャーがすごかった。
そこに加えて、木曜日は普段のショップに足を運びました。
さて、結果やいかに。
うろ覚えな試合もありますので、ご了承をば。


ユーザー開催その1
参加者16名 ネオスタンダード
使用デッキ 赤緑ディスガイア
こちらの内容から、《世界で一番強いやつ エトナ》*1→《第62代魔界大統領 アクターレ》*1 という差し替えを行ったデッキ。

1回戦 アイマス赤単 ×
《妄想大王!? 小鳥さん》を並べるデッキタイプ。《素直で前向き春香》と共に2枚並ぶと、2枚目以降のフロント宣言が出来なくなる何か。
8000アンコール状態のラハールさんで盤面をがっつり取り、1-5からのセッツー《飛天無双斬》→《通りすがりの魔王》と繋げて勝ちムード。
3-0に戻してから相手を3-6に押し込んでターンを渡す。
デッキ内CXが5/18。
相手方1-1-2から、1000/1を張って2-2-3。
後はお察し。仕方のない話。
泣く泣くゲームセット。

2回戦 赤青まどかマギカ ○
《佐倉杏子》のトップ送りが多少面倒な相手。
手札を整えながら飛天→通りすがりでダメージと盤面をかっさらう。
相手方が《路地裏の杏子》のチェンジを宣言する前にドローしてしまい、そこがダメ押しとなった。
中途半端な盤面に、2面通りすがってゲームセット。

3回戦 赤緑とある ○
相手は普段からお世話になっている未完成型蜜柑砲さん。実はこの大会に誘ってくれたのも彼。
内容はあまりよく覚えていない(ごめんなさい)。
飛天して黒子かっさらって苦しくさせたところに、1ターン遅れの通りすがりが血の雨を降らせた……はず。

4回戦 赤青シャイニング・フォース ○
《命よりお金 ボルネ》で器用にリソースを回すプレイヤーさん。
8000アンコールを作ってフロントアタックを抑止した上で、《ラハール&マオ》でリームシアンが出てこられないように調整。
さらに飛天でボルネを吹き飛ばして、バニラシリルとリリスちゃんを通りすがる。
相手方はL2で2ターン連続で2パン。その間もこちらは中ボスを絡めたりしてブンブンする。
それでも、《愛くるしい闇 ダークレイス》のプレッシャーは半端じゃない。
案の上、2枚のレイスが登場する。ただし後列はなし。
バーンをもらうが、3-0に戻しながら、《第62代魔界大統領 アクターレ》を絡めて、《最凶の魔王ラハール》のパワーを10500まで押し上げる。そして、
《通りすがりの魔王》で13500
叩き込んで勝ち。

ここで終了。
結果としては1敗ラインだったので、ワンチャンを期待したのですが、オポが伸びず4位。
悔しさを感じながら次へ。


ユーザー開催その2
参加者16名 ネオスタンダード
使用デッキ 赤緑ディスガイア

1回戦 赤緑とある ○
またもや相手は未完成型蜜柑砲さん。
飛天→通りすがりががっつり決まって、そこの差で勝ちまで持っていく。
本人も悔やむプレミがあったのも手伝った。

2回戦 赤緑ミルキィ ○
《天然少女 シャロ》パワー低すぎわろた。ラハールが死なない。
リソース削って通りすがる。結果回復量2点でゲームセット。

3回戦 3色ギルクラ ○
とんとんで進んだL1で事件が起こる。
扉を張った相手のアタックが3パン目に入ったところで、お互いにあることに気づく。
色指定の赤が出ていない。
ジャッジに相談すると、今回は仕方がないため続行とのこと。気づかなかった私も悪いため、謝罪しながらゲーム続行。
その後、L3で強い山札に点数を叩き込まれてこちらが臨終。
敗因はあの扉で稼がれた打点だなあ、と分析してひとり切なくなっていると、スコアシートを書く段で、相手方が反則負けを申し出てくださったので、それに甘えることに。
改めて互いに謝罪しました。

4回戦 赤黄エヴァ ○
こちらのL0が若干長い。
こちら1-2、相手が2-0へ。
初号機がチェンジで現れるが、後ろは綾波のみ。
1-5でターンが回ってきたため、飛天を打ってから通りすがる。
ダメージと盤面を奪い去って、相手は初号機をアンコール。
殴られて、2-0からリフレッシュを挟んで2-5まで。
セッツー飛天通りすがり(2回目)。
ハンドストックと枯れた相手に、そのままダメージを押し込んで勝ち。


ここで終了。
全勝し、無事に権利書をいただく。
ついでにしよ子の表彰カードもいただきました。

今日はここまで。
続きは追々。

今日のカード 4/18 4/19 4/20

ws00041801.jpg
《揺るぎない信頼 ルイズ》
強ルイズちゃん1枚目。

黄色いことが、デッキタイプを選ぶという点においてネックとなるが、書いてあること自体は非常に強力。
対応CXはショットアイコンらしい。
ゼロ魔で問題になるのは、ハンド枚数よりもストックなので、
デッキメイキングの段階で、使えるストックを把握しておくこと。

ws00041802.jpg
《貴族の務め ルイズ》
原作ノータッチ勢的には、シスターさんにしか見えないんだけど、パロディじゃないんだよね?

白かったゼロ魔に黒い要素が。
条件に要求されるのは、赤い1/1/7000と、上記のレベル応援。
置く順番を問われないため、8割強は成功するように見える。
相手ターンに、ルイズに1000修正するカードがあったはずなので、12500を簡単に作り出す。
タイミング問わず、《人質救出作戦》で延々と現れる様は、リームシアンも真っ青である。
キャラによる集中を連打するデッキではなくなるので、今までとは方向性が大きくことなる。
最近の流れに沿ったデッキではあるものの、ゼロ魔でやる意味があるかというと怪しさが拭いきれない。

ws00041901.jpg
《ロボット所長さん 美夏》
美夏はしましまのイメージですねい。

変則7500キャラ。ただし行きか帰りどちらかに限る。
まあ、行きに関しては、《μ》との相性が抜群なのだけれど、それまで。
一応、《水越 萌》でアンコールをつけたりして、2面維持し続けるよドヤ、みたいなこともできる。
そもそも色も汚くて強くない上、L3の関係でグッドスタッフを組みづらいDCでは、まず取り得ない選択。

ws00041902.jpg
《のんきなアシスタント ゆず&夕陽》
おっぱい。

条件付き6500。基本的に使い物にならない。
ストックがある状態で3パンすると、あっという間に5000に。
特徴が残念なのは仕方ないにしても、これは悲しくなるレベル。
《癒しの祈り さやか》って本当に何なんだろう。
あれと比べると1/0オバスペキャラがみんなゴミのようだ。

救いがあるとすれば、チェンジ絡みの運用。
DCのチェンジタイミングを思い出して欲しい。アンコールステップでのチェンジである。
1→2のチェンジが実用的であるならば、そのお供として並べると強力。チェンジでストックを掃けるため、3ストック以下で相手にターンを渡すことが可能になる。
チェンジした箇所を無視することがほとんどであり、その他の弱い箇所を抜くのがセオリーであるが、これがあると相手に1/1キャラを要求することができ(返しにこちらのL2に食われることがわかっていても)、非常に相性が良い。

ws00042001.jpg
《強い絆 ルイズ》
イラスト強し。かわいいな。

テキストも強い。
キャラの4枚集中であることが、ゼロ魔ではひとつの価値を持つ。
《キュルケ・アウグスタ・フレデリカ・フォン・アンハルツ・ツェルプストー》を複数枚リアニメイトできると楽しいことになったり。
L0で1/0バニラを釣ってきたりできるけれど、まあ、なんかのついでに沸いてきたら強い程度で、積極的に狙う価値はないと言って良い。

ちなみに、手札の《キュルケ・アウグスタ・フレデリカ・フォン・アンハルツ・ツェルプストー》をプレイする時や、控え室に落ちた《キュルケ・アウグスタ・フレデリカ・フォン・アンハルツ・ツェルプストー》をアンコールする時、また、当該集中で《キュルケ・アウグスタ・フレデリカ・フォン・アンハルツ・ツェルプストー》をリアニメイトする時は、《キュルケ・アウグスタ・フレデリカ・フォン・アンハルツ・ツェルプストー》というカード名をきちんと噛まずに読み上げられないと、ジャッジを呼ばれても文句を言えないので気をつけるように。
《キュルケ・アウグスタ・フレデリカ・フォン・アンハルツ・ツェルプストー》を言えないで負けましたとか、流石に嫌でしょう?

ws00042002.jpg
《"風使い"タバサ》
こちらもイラスト強し。
ルイズとは打って変わって、アニメにも面影が残るタバサちゃん。

弱いことはひとつも書いていないのだけれど、むしろ超強いのだけど、ゼロ魔の後列戦争的に、悲しい運命を背負ったカード。
集中によるハンドアドバンテージをメインエンジンとする場合の後列は、『トップ確認系統』+『集中』。
《貴族の務め ルイズ》をメインに据えた、高パワービートダウンの場合は、『レベル応援』+『パンプテキスト』=集中スペース無し
このカードのスペースが無いのである。
残りのプール次第とは言うものの、積極的に使われるビジョンは見えない。
イベントとの兼ね合いを考えても、相当頭おかしいこと書いてあるんだけどなあ。


こんな感じで!
今日は体力に余裕があるので、簡易レポートも続けて書きます。
よろしければそちらもどうぞご覧ください。
それでは。

今日のカード しばらく分

おはようございます。
ただ今早朝4時を回ったところです。
書き終わるころには5時過ぎかなあ。

ちゅーこって、長期休暇に入るまではこんな感じの更新ペースになりそうですね。

日曜日はWGP予選に出場してきましたが、そのレポートは追々。

20120416231911d57.jpg
《入浴中のアンリエッタ》
エロ顔。

集中が成功する好循環の中でバニラスペック。
その流れを作り出すサポーターの役割もこなす。

バニラにサポート能力がついたという見方よりも、システムキャラがバニラスペックになれるという見方が正しい。
きちんと他にアタッカーを用意したい。
優良C。

20120416232838e04.jpg
《もう一人の担い手 ティファニア》
もう少しイラスト頑張ってもいいんじゃないかな。

ゼロの使い魔のカードは、イベントも集中キーワードを持っているため、11000程度はほとんど確定と言ってもいいだろう。11500まで伸びるかは怪しいところ。
ゼロの使い魔における回復持ちは、それだけで一定の価値を持つため、その点においては評価が高い。

ネックになるのは緑というカラー。
現状、ゼロの使い魔に緑を使うイメージはない。

《美樹 さやか》とは一体何なんだろう。

20120417235324c27.jpg
《体操着のさら》
あー、かわいいな。これはアド。やっぱりDCⅢのキャラはかわいい。

+2対応のノーコストでハンドが増えるシナジー。
それだけ見るとやりおるカード。
ただし、チェンジをしないと4000キャラ。
そうなると見たまんまの弱さとなる。
《紅蓮の双翼 シャナ》がいかに強かったかという話。

20120417235656b9b.jpg
《大ピンチ! さら》
はいはいイラストアドイラストアド。

9000キャラとしては弱くもなく強くなく。いや弱い寄りかな。
2週目に入っているとコケる確率も低くない。
L0でコケるのとは話が違う。
出したターンに殴れない9000キャラとか、資源ごみ以外のなんでもない。

チェンジ絡みの評価としては、+2込みで1ターンの内に2面チェンジできたら強いんじゃないのかな。
逆にそれができないと、スロット対カードパワー的に魅力を感じない。
何回戦連続でそれができるの? って話まで行って黙る。


こんな感じで! また次回!
コンスタントに更新できたらいいなあ……。

今日のカード 3日分

こんばんは!
学校がはじまりました。途端にこの更新ペースの落ちよう。逆に清清しささえ感じます。
ですが、日課として、なんとか続けて行きたいなと思っているので、お付き合いいただければ幸いです。

ではではさくっと参りましょう。
img_125614_22956168_0.jpg
img_125614_22956168_1.jpg
《防人の生き様 翼》
《蒼ノ一閃》
いいおっぱいと、どことなく花札ちっくなCX。

CXを要求するタイプの、条件付き7500キャラ。みたいな。
CXを引ければ強い。じゃあ引けばいいじゃない。そういうカード。
基本的に1ターン往復は7500になれるという認識でいいだろう。最悪引けなくても、6000アンコーラーならまあ苦笑いしながら許せるレベル。

処理で気をつけるべきは、行きに連動して7500を作ったとしても、弾き返されてアンコールをして相手にターンを渡した場合、連動の効果は消えてしまう点。
アンコールは領域移動を行うという前提を忘れないように。

良性能なCUカード。

img_125614_22963234_0.jpg
img_125614_22963234_1.jpg
《友に赦された少女 タバサ》
《わたしのイーヴァルディ》
原作もアニメも分からないけれど、この子がかわいいのは分かる。

チェンジ先が見えないけれど、よっぽどのカードでないと1→2チェンジで、『チェンジコスト+デッキスロット+プレイ中の手札の取捨選択』という対価を上回るリターンを得るのは難しい。
CXシナジーで安全に殴れるよ! というデザインなのだけれど、バニラスペックで一体何を殴るのかも怪しいションボリカード。

ws_today_b (4)
《理想のお部屋 ルイズ》
まかり間違えばアヘ顔だった。

パっと見強いけど、ちょっと考えて首を傾げる。
レベル0での相打ちキャラとして使う程度ならまだしも、1/0キャラと相打つだなんてほとんど幻想。
アタック宣言をする瞬間のストックが1以下でなければならず、そんな苦しい状況で1/0キャラと相打ったところでなんのアドバンテージが。
ストックを無理やり減らすにしても、その手段は大方集中のはずなので、1/1/6500を8500にして素直に殴り勝つ方が明らかに強い。

基本的に、ノーコストキャラに自ターンで相打ちを取っても、得られるアドバンテージは大きくない。

ws_today_b2 (6)
《未来の親友 響》
ピカチュウ。

《“オカ研会長”朱音 》の亜種。本体のレベルが上がって色を要求するようになったが、その代わりに特徴限定でレベルの縛りがなくなった。
なによりかわったのはテキストの発動タイミングなのだけれど。
欲しいカードを持ってくる分には、圧殺してしまえば良いので、あまり問題にはならない。
問題になるのは、オカ研の強みであったアタック数の水増しを行うことができない点。

それでも、4500のサイズは1/0のシステムキャラとしては十分すぎる値であるし、そもそものテキストが強力なため、黄色が入るなら是非使いたいカード。

まさか、シンフォギアの黄色は強いのか……?


こんな感じで!
また次回。

ギルティクラウンver.1.5 デッキレシピ

ギルティクラウン
ネオスタンダード構築 緑青t赤

L0 14
4*別れの言葉 いのり

4*学園の集
2*うつむく集

2*水着のツグミ
2*ポジティブ ツグミ

L1 14
4*遠くを見据えるいのり
3*学園の花音

4*強い心 ツグミ
3*振袖姿のツグミ

L2 8
4*勝気な綾瀬
2*オペレーター ツグミ

2*ヴォイドゲノムの真実

L3 6
4*桜満 集
2*篠宮 綾瀬

CX
4*女神の微笑み
4*出撃


緑1/0《葬儀社》の不在に涙を流す男子大学生の姿が、そこにあった。
というか、僕だった。
赤分が減ったところを、ポジティブ+オペレーターのハンド浄化でフォロー。
花音がアホみたく強い。7返り以上をきっちり狙っていきたい。

ギルティクラウン デッキレシピ 無責任仮組みエディション

ちゅーこってギルティクラウンのデッキレシピ。
回してもいないただの紙束。
元々は購入予定だったので、置き土産的な何か。

ギルティクラウン
ネオスタンダード構築 緑青t赤

L0 15
4*別れの言葉 いのり
4*魂の歌声 いのり

3*学園の集
2*うつむく集

2*水着のツグミ

L1 11
4*遠くを見据えるいのり

4*強い心 ツグミ
3*振袖姿のツグミ

L2 10
4*勝気な綾瀬
2*オペレーター ツグミ

2*魅惑のビーチ 亞里沙

2*ヴォイドゲノムの真実

L3 6
4*桜満 集
2*篠宮 綾瀬

CX
4*女神の微笑み
4*出撃


スタートは《桜満 集》と《篠宮 綾瀬》のL3コンビ。
強い山札を常に維持する手段、リフレッシャー、優秀な回復ソース等に恵まれないギルティクラウンのライフは、少ない部類であると言って良いだろう。クロックアンコールや、扉対応のいのりの存在がそれに拍車をかけている格好である。
そうなると必然、回復を持ち、なおかつ相手を殺す唯一の手段であるところの《桜満 集》を運用することに。

お互い準備の時間は短かったね。さあハンドが綺麗なのはどっち?
というデッキ。

基本はカウンタービート。優秀なカウンター《振袖姿のツグミ》を、応援付きL1アタッカーに重ねて8500。
行きはいのりが9500のクロックアンコールで及第点。
対応CXがキャントリップかつ、シナジーでストックを取り返すエコな設計。

《勝気な綾瀬》はこのコンセプトにマッチする優秀なカード。
《オペレーター ツグミ》込み11000ソウル3で殴っておまけにドロー付き。

ストックに余裕を持たせることができたため、《ヴォイドゲノムの真実》も楽に撃てるはず。
L1いのりによって握りやすい点も○。
その他サーチ、サルベージ手段を使う際に、ストックに関しての不自由はきっと少ない。
カムバックアイコンを無理に入れる必要がなくなり、《勝気な綾瀬》を採用することができた。

安心のオールドラドラ。相手のペースでゲームをさせない。

割とシンプルにまとまったように見える。

いや、強いかどうかの保障は全然できないけれど。
少なくとも、何がしたいのか分からないデッキにはなっていないはず。

必須パーツ以外はほぼ安価なカードでまとまったので、まあ試す分には無駄な出費にはならんでしょう。
みたいな。

WS今日のカード 4/5

こんばんわ!
ギルティクラウンブースターのリスト出ましたね!
うーん、テキストを読む限り強いとは言い難いか。
パワーラインの足りなさが目立つ。面白い動きをするカードは多いものの、やはりそれが足を引っ張る。
L3のカードパワーも今ひとつ。

金銭的余裕もないので、おそらくスルーになるかなと。
絵柄はどこまでこ強いのだけれど。

今日のカードの記事のあと、無責任に、永遠に仮組みな無責任レシピをあげようかなとか思ってたり。

ws_today_b (3)
《篠宮 綾瀬》
むちむちやねえ。

ギルクラの良心(?)
《おめかし長門》と比べると見劣りするのは否めないが、それでも強い事には変わりない。
基本的に、前のターンにチャンプをもらって相手の後列を引きずり出す。
これがないと、《桜満 集》のテキストが使いづらくってしょうがない。
ネオスタン的にピンはないかなと。
ツグミと同じく、特徴から《略奪者アッシュ》と仲が良い。

ws_today_b2 (5)
《サイトの専属メイド シエスタ》
なんでアヘってんだろう。
登場させたそばから煽られることうけあい。

《セーラー服のシエスタ》のパンプテキストを受けられるハイパワーキャラ。
2000パンプのテキストが発動した時の強さは確か。ただ、レスト2枚集中を狙って当てることは難しく、欲しい場面で修正が入らず苦しい場面も想像できる。

《使い魔》を持つとぶっ壊れなので、『サイト』ネームでお茶を濁した感じ。

こんなところで!
また次回。

WS今日のカード 4/4

こんにちは!
風がとにかくすごかった。一晩明けても音が止まなかったレベル。
ちゅーこって今日も参りましょう!

ws_today_inr.jpg
《迷いを見抜くいのり》
いい肌色である。

絵柄は強いよ。けれどもテキストには首を傾げざるをえない。
《オペレーター ツグミ》の存在のせいで、1コストかかる後列にただえさえ人権がないことに加えて、現状見えているも清清しいほどの弱さなので、下のテキストには期待できない。
というか、コンスタントにシフト使える状況はほぼありえないわけで。
残念。

ws_today_b2 (4)
《覚醒の鼓動 響》
シンフォギアってこんなアニメなのか。

弱いはず。
TDであれば、元々黄色が入っており、使わざるをえないことからそこそこありがたい場面もあるだろう。
ブースターに観点を移すと、最近の流れを汲むとすれば、黄色の色を要求される時点で非常に弱い。
DCⅢTDの彼女の方がよっぽど優秀である。


うーん、ギルクラ、どうにも微妙な香りしかしませんねえ。
お金に余裕があるわけではないし、L3の集とあやせちゃんを回収して終わりになるかも。
そんな感じで! また次回。

今日のカード 4/3

こんにちは!
今日は風がとんでもない日だとか。
15-18時がピークらしいので、建物の外を歩く用事のある方はご注意をば。

今日もさくっと参りましょう。

ws_today_gyjpg.jpg
《恙神 涯》
涯さんなら大抵の女の子は抱けるだろうね。臭いけど良い台詞。

残念L3。救いようもなく弱いわけでもないけれど、使うほど強いかというと以下略。
シフトなんてなかった。
CXシナジーが撃ててはじめて採用圏。毎回撃てなきゃただの10000+キャンセル率微上昇。
1点回復+シフト だけの方がよっぽど強く見える。

もしシナジーを撃って構えていても、《おめかし長門》でシナジー効果を剥がされた上で後ろに追いやられる。
《おめかし長門》で終わり。は不毛な議論と言われることもあるけれど、長門が環境トップにいる以上無視できない。

ws_today_b2 (3)
《ひそひそ話 アンリエッタ&サイト》
背景が、法衣をはだけさせたお坊さんに見えるんだけど。

強い。
《セーラー服のシエスタ》で4000かつ、同カードがストックを調整してくれる素敵仕様。
調整のために撃った集中が当たりでもするとニヤニヤが止まらない。
そんなカード。


ゼロ魔は今後を期待させてくれるカードでしたね。
ストック○枚以下で7500、みたいなカードが出るんじゃないかなと。
下手に強いと、既存のプールに変なことをするカードが多いので、タイトルとしてぶっ飛ぶのがゼロ魔制作側の難しいところでしょうね。

それでは、また次回!

WS今日のカード 4/2

本日2度目の更新です。
さくっと参りましょう。

ws_today_b (2)
《桜満 真名》
たのしいことってなんだろうね。

残念レア。黄色って時点でほとんどオワコンなのに、返し4000て。
《水着のハルヒ&長門》が生き生きと殴りにくる。

ws_today_b2 (2)
《流されやすいタイプ 響》
すごくとげとげしてるね。

チェンジの相方にでもするのかな。
その前提だとチェンジをしくじったときのケアにならないし、L3になるL2をもう1種入れるにも、L2アタッカー2種とか弱すぎる。


カードパワーの低さも極まった公開ですね。
ここまで弱いのも珍しいw
流石に書くことがない。

また次回!

WS大会レポ inカードラボ八王子

こんばんは。
今日は眠気もなく、時間にも余裕があるので、その日の内にレポートを書いておきます。
↑とか言いながら寝落ちして朝にアップする羽目になった人間がこちらになります。


参加者12名 ネオスタンダード スイスドロー
使用 赤緑ディスガイア(前回の記事参照)

1回戦 AB ○
先攻スタート。
《世界で一番強いやつ エトナ》が相手の控え室の《戦線の敵 天使》をデッキトップに乗せ、《人狼族の執事 フェンリッヒ》で4000を作る。天使ちゃんをクロックに放り込んでターンを渡す。
返しに、相打ちとユイが殴ってきてエトナを割られる。
《天使見習い フロン》で、さきほどトリガーしたラハールを回収しながら2パンチ。

L2までは見た目勝ちを宣言しながらハンドを削る。歌とか撃ったらいいよ。ハンド減ってるじゃないか。

L2に先上がりして2面で通りすがる。2-3まで。ここで相手方のハンドは3。
CXセットから2/2音無君とチェンジ元のかなでちゃんが登場。2パンからチェンジ。最凶が1面割られるが問題なくハンドアンコール。相手2-3、こちら2-4。
デッキが削り切られなかったため、セッツースルーから、《元・天使フロン》を圧殺しながら《“ビューティー男爵”中ボス》をプレイ。超魔王ラハールを回収しながらテキスト発動。
相手2-4。

再び通りすがる。天使ちゃんを見た目勝ちすると歌を打たれるがもーまんたい。リフレッシュを挟み3-3まで。
回復されず、自分が3-1でターン返ってきたところで3-0に戻し、4点を叩き込んでゲームセット。


2回戦 ジュネス ○
先攻スタート。
お互い1面ずつの割り合い。

相手方が先上がりし、6000アンコーラー/5500バニラ/5500バニラの盤面で殴られる。
それに対し、2*《姉御肌のプリニー》を展開して8500/7000(テキスト発動済みラハマオ)/6500をつくって割りに行く。6500が跳ね返されるが有利のまま。テキストで最凶を拾う。
レポにして気づくのが、5500を8500で殴った方が明らかに正解だったこと。

返しにL2に上がって最凶*1で通りすがる。ハンドにはもう1枚の最凶と2枚の通りすがり(セッツーで引いた)。
相手方2-2まで。
ここで、相手方がイベント《ジュネス》→レベル応援→《ジュネス》回収→小西と動く。アタック後ストックは4。
ダメージを2-5までもらってこちらのターン。
最凶を追加して通りすがる。相手方がリフレッシュ込み3-0まで。
ここでセッツーから 2*《店長の息子 陽介》が登場。まあ4ストックだしね。
3-0に戻されながらも、CXが計2枚落ちてにやにや。
3-1にされたところに、《超魔王ラハール》をプレイ。3-0。
通りすがって返しをいなし、再びターンが回ってきたところでゲームセット。

3ターン連続の通りすがりもそうだが、L1での後列の差が響いたゲーム。


3回戦 リライト朱音2段早出し+ちはや ○
先攻スタート。
今日は5000のヴァルバトーゼが出ない日らしい。
4000のエトナで殴って返しに相打ちをもらう。移動キャラも出てきてうぐぐ。

相手が先上がりから、レベル2へのチェンジを行う。返し、1面は無視を決め込んで、2面を割ってハンドを増やさせない。

そのあと殴られ、1-5で止まってL1をもう1ターンもらう。
相手方が1-6からチェンジを行い、2-0に。チェンジ元がクロックに飛び、チェンジ先がそれを回復してトントンにするデザインのため、今回は1点を受ける形に。

ここで2-4まで押し込んで、その返しにもう1枚チェンジされたけれど、カウンターがクロックと控え室に見えていたため構わず2面通りすがる。
リフレッシュを挟みながら、圧縮の弱い山札に3-5まで通してターンを渡す。

1点回復され、3-4に戻される。
殴られてこちらもレベル3へ。
再び通りすがって3-3-1-3-1を作ってゲームエンド。


ここで、隣で行われていた階段戦を、長門で参加した相方が勝って潰してくれたので4回戦を待たず大会終了。
○○○で優勝。×○○で相方が2位とワンツーフィニッシュ。

《最凶の魔王ラハール》が通りすがったら勝っていた。
こちらがL2に入ったところでゲームスピードが急激に上がるので、その速度差についてこられないとゲームが決まる感じ。こちらの《超魔王ラハール》を使い切ることなくゲームを決められた。
《飛天無双斬》の出番が一度もなかったが、それでも勝てるのがディスガイア。ただ、初戦と2戦目はハンドに来ていたので、選択肢として取り得る可能性は十分にあった。
エトナは概ね問題なし。相打ちであったら嬉しい場面もなかったし。

同じ店舗で2週連続優勝は気持ちいいですね!
そんな感じ。
FC2カウンター
プロフィール

めさん

Author:めさん
基本的にme(読み:みー)であちこち活動しています。
Twitter:mizki_me
SkypeID:mizki_me

記事へのコメント、なんでもお待ちしております!
 

*このブログ内のカード画像、テキスト等の著作権はブシロード様及び各製作会社様にあります。

最新記事
最新コメント
Twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

あずにゃん時計
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。