スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

涼宮ハルヒの憂鬱 デッキレシピ

【3色宇宙人みくる】

■レベル0 キャラ13枚
おめかし鶴屋さん×3枚
温泉のハルヒ×2枚
いつもの長門×1枚
長門 有希×3枚
宇宙人 長門&朝倉&喜緑×4枚

■レベル1 キャラ13枚
温泉の長門&みくる×3枚
水着のハルヒ&長門×4枚
魔法使い長門&シャミセン×3枚
待機モード 長門×3枚

■レベル2 キャラ3枚
部室の長門&古泉×1枚
ギタリスト 長門×2枚

■レベル3 キャラ13枚
ネコミミ みくる×4枚
トラブルガール ハルヒ×3枚
おめかし長門×2枚
夏祭りの長門×4枚

■クライマックス 8枚
サムデイ イン ザ レイン×4枚
残り二週間の夜×4枚

トリガー数:16


先日のトリサバで使ったハルヒの内容。今日はブログ2回更新だぜッ。
以下簡易解説。

・《おめかし鶴屋さん》
バニラ+アンコール。《長門 有希》とのアンコーラー6枚体制で、事故回避とL0削減とL3大量積み構築を可能に。
タッチ緑の色要員もこなし、チャンプ→アンコールもできる。とにかく高スペック。
このデッキを組むのに欠かせないカード。

・L1
《宇宙人》で統一。殴り勝ちやすく、《夏祭りの長門》との兼ね合いを意識しているのは言うまでもなく。

・《ギタリスト 長門》
みくるを守る手段。L2で夏祭りの後ろに置くかは相手のパワーを考える。

・《サムデイ イン ザ レイン》《トラブルガール ハルヒ》
やはり扉トリガーは抜けなかった。で、色を出す意味と、CIP回復、ワンチャンバーンできる意味合いもあってトラハルを3投。
L0は鶴屋さんが解決してくれていたし、トリガー13も心許無かった。

・プレイング方針
扉、本、宇宙人トリオをバックに打点を離されないように殴っていく。手札に来たCXは極力張ること。
手札を7枚維持し続けるのは無理。6枚も怪しい。宇宙人トリオのサーチ含め、カードの取捨選択を誤らないように。
L3ですることはおめかし長門+みくる。長門は最悪サーチして来られるが、みくるは2枚握っておきたい。
4枚体制+扉でそこまで苦にはならないはず。
トラハルは本当におまけ。レベル置き場に置いても全然構わない。真面目にバーンを狙うつもりなら、L0から集め始めなければならない。相手のデッキを見て開始2、3ターンで判断すること。


割と綱渡りな構築だが、私にしか回せないなんてことは多分ない。
ただ、一般的な青軸と比べると多少の慣れは必要かと。
打点打点で押し込みにいくのか、腰を据えて戦うのか。どちらもそつなくこなせる分、ボーっと回して勝てるデッキではない。


説明不十分な気もしますが、実際に回してみて回らないということがあれば、その旨で質問をいただければお答えします。
では。
スポンサーサイト

新規参戦5タイトル発表&試練の旅 とがめ&七花 他

新規タイトル、発表されましたね。

り…Rewrite
し…灼眼のシャナ
ば…化物語
ま…マクロスF
ろ…ロボティクス・ノーツ

と、なりました。
『ば』に注目。
化物語
化物語
化物語

いやもうね。本当に嬉しい。私は西尾維新先生の作品が大好きで、刀語に続き、これは本気を出さざるを得ません。
彼の作品で一番好きなのは戯言シリーズですが、その戯言シリーズへの作者的アンチテーゼを含んだ物語シリーズもたまらなく好きなのです。掛け合いの秀逸さは随一です。
カード化の際にアニメ本編キャプチャがなるたけ少なくなることを祈るばかりです。PMを眺めていると、ね。
VOFANさん書下ろしカードが来たら(9割方有り得ない)、サイン限定でもシングル買いに手を出しかねないですね。
『西尾維新アニメプロジェクト』という括りで刀語とネオスタンで組める可能性があります。
組めるに越したことはありませんが、どれだけシナジーするのかは分かりません。ひたぎさんと忍が《武器》、月火ちゃんが《和服》でワンチャンありそうなくらい。

他の作品については、実は語れる作品がありません(
『り』と『ろ』は内容が未知数なのでしょうがないとしても、『し』『ま』が全く分からないというのは、この界隈の人としてどうなんでしょうね。
この機会に触れてみますか。
ということでとりあえず、今のところ手を出すのは化物語だけです。考察は全タイトルしていきますがね!
その点では、既存タイトルの強化がなくて助かりました(
基本的にネオスタン環境を想定するので、自分で使ったことのないプールを絡めてお話するのは無理がありますからね。アイマス2の考察なんて、ぐだぐだになる予感しかしません。

タイトルのチョイスとしては、なかなか良いものになったのではないでしょうか。
知名度的に新規さんが増えそうでなによりです。

ちゅーこって、今日の公開カードは『刀語』です。
ws_today_b (6)
美麗なイラスト。刀語は色使いがいいですね。全部このクラスだと嬉しいのですが。

デメリットを持ってバニラ+αとなったカード。
L2でのこのデメリットは重く感じません。後列が見えてないので、言い切ることはできませんけれど。
このデメリットは最終盤でキャラをこれしか出せないときにつらい、というのは、誰しもが思うところですが、個人的には、そういう情況になってしまう時点で以下略――と思います。

リバースさせた相手のレベルを問わない回収能力自体は強力ですが、重すぎる印象です。
L2以上という条件を達成するために、なんらかの過程で1コストを使っていることが多い現状を考えると、その分を内包していると考えられなくもないですが、優秀なカードとは言い難い。
しかしほとんどバニラ+αとして運用できるので、可もなく不可もなく、といったところでしょうか。


昨日の話になりますが、シャナ、マクロスの公開もされていましたね。
刀はブースター収録カードだったのに対し、こちらはTD限定収録カードです。
ws_today_b (5)
まずはシャナから。
のいぢ氏書き下ろしのイラストなんですかね。
カードナンバー的におそらく4枚収録。TD限定のL2が4枚収録だと、多分前例がないのではないかと。

スペックはそこそこ。使いきりのアタッカーとして、TD環境なら及第点の性能。
ただ4枚は無い。TDを複数買いした場合、真っ先に枚数を削りましょう。
特徴《メロンパン》は楽しい。

ws_today_b2 (1)
で、マクロス。
独特なイラストで好み。眺めていても飽きない感じ。
TD限定2枚収録のL3キャラ。

TDとしては十分すぎる性能。書いてあることは3/2/11000/1点回復。
チェンジの有無という差異があるにせよ、《水着の初春》よりも取り回しやすそう。
少なくとも、TD戦では大活躍必至ですね。

TD限定L3は一般的になっていくんでしょうかね。
選択肢が増えるのはいいことですから、期待しています。

それから、もうひとつ。公式のシャナの商品情報ページより。

■ボックス特典リニューアル!
ブースターパック「灼眼のシャナ」より、ボックス特典がリニューアル!
ボックス封入限定PRカード全4種のうち、1枚をボックス内にランダム封入!
※従来のボックス特典「特製スリーブ」は封入されていません。 ご注意ください。

まさかの特典PR。
作品が好きで4枚づつ欲しくて、かつ中古品が嫌な人はカートン買いしろって書いてある。
これで強かったらびっくりですね。

それでは、この辺で失礼します。
また次回。

トリサバ結果&お詫び

トリオサバイバル、出場してきました。
内容は詳しく書かずに簡潔に。
曲物語@ブクセンいとう東中野
先鋒:me   涼宮ハルヒの憂鬱 3色宇宙人みくる
中堅:ノエル フェアリーテイル 赤青t黄色グレイ
大将:HOLIC  D.C 赤緑t青音楽

相手:先鋒/中堅/大将

1回戦
DC音楽/とある赤緑屋根下/Fate
○×○

返しでキャラを処理しているうちに、相手からキャラが沸かなくなり、夏祭りのシナジー撃ちながらL2のまま勝利

チームも勝利。

2回戦
DC杉並/エヴァ/LB
○○○

1000/1CXを連打して相手を早々にレベル3へ。
その後《水着の杏》《木琴占い》で4ターンほど耐久されたが、相手の打点が小さく、L2で夏祭りで耐久して勝ち。

3回戦
赤青アイマス/忘れた/AB
×××

相手をL2に上げて以降、2点以上の打点がすべてキャンセルされる。
相手の圧縮も弱かったのでちょっとよくわからない。
盤面を取り続けてみくる2枚で粘ってたものの、こちら3-5から、相手0点スタートにI wantが乗って2点。
通って負け。

メンバーも及ばず、またここで予選終了。
目標の予選突破はなりませんでした。

ただ、チームとしても個人としても勝ち越しでの終了で、そこそこの結果だったんじゃないかなと。
去年の1回戦落ちに較べれば大躍進です。
積んできた経験を生かせたようで嬉しいし、楽しかった。

使用したデッキは、明日辺りにでも公開しようと思います。



そしてお詫びです。
禁書目録Ⅱ&超電磁砲のデッキレシピですが、アップすることができなくなりました。

トリオサバイバル会場で置き引きに遭い、金曜に買い揃えたカードを根こそぎ失いました。
それと、同時に持ってきていたディスガイア、リトバス、禁書、B★RSのデッキも失いました。
財布の中に現金が入っていましたので、合わせて70000円弱程度の損害です。

全部をプロキシで組んで回すこともできますが、そこまでのモチベーションは残っておりません。
楽しみにされていた方々には申し訳ありませんが、デッキレシピアップは取りやめとさせていただきます。

対戦中、足元にバッグを置いておいたのですが、試合に集中しており、持っていかれたことに気付きませんでした。
こういった場において、度々そういった事件が起きている現状は理解しており、警戒していなかったわけではありません。
しかし、2000人近くの人間がいる中で、自分が被害に遭うとは露にも思っておらず、管理が甘かったのも事実です。
犯人に対して大きな憤りを感じると共に、自分にもまた、同じだけの憤りを感じています。
私に付き合ってくれた友人達にも、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

読者の皆様が今後、こういったイベントに参加する際には、ご自身の荷物への一層の配慮を強く推奨します。

が、勘違いを避けるためにひとつ。
被害に遭わないために注意するのは勿論なのですが、だからと言って、大会イベントに参加すること自体を控えようとは考えないでいただきたいのです。
イベントは楽しい。
悪い人間は、本当に極々一部しかいません。
残りの9割9分9厘の方は、イベントを楽しみに来ている良い方ばかりです。
イベントも他の参加者も、こちらが楽しもうとすれば、その分だけ必ず応えてくれます。
ですから、くれぐれも、イベントは恐い場所なんだ。とは思わないで下さい。

事実、リアル、ネット問わず、たくさんの方が温かいお言葉をかけて下さいました。

手元に残ったデッキは、今日使ったハルヒのみ。
カードはとあるⅠ、ABクドわふ、リトバスのCUと余剰Rです。あとは家に置いてあったPRカードたち。
しかし、これでWSプレイヤーを引退する気は毛頭ありません。
カードはなくても、仲間と、体と、ちょっとばかし弱い頭は残っています。知識の収集ならいくらでもできる。
少しずつでもカードを集め直して、早い復帰を目指したいと思います。とあるⅡと、ミルキィをなんとか組みたいです。
来月には刀語も出ますしね。超胸熱です。西尾さんへの愛を見せてやるッ!

しばらくは土日のブログ更新は多少減ると思いますが……。
これからも、変わらずお付き合いいただけたら幸いです。

と、いうことで、ちょっと厨二くさい文章でしたが、今日はこの辺りで終わりたいと思います。
それでは。また次回。

ヴァイスシュヴァルツフェスティバル

ブシロード公式サイト
http://ws-tcg.com/events/ex04.html

いよいよやって参りました。

そして本当にごめんなさい。昨日は更新できる余力はありませんでした。新弾はきちんと買えましたが。
今日も帰ってきてから更新できるか怪しいです。

トリオサバイバル、一応の目標は予選通過です。2日間練習しただけの、3ヶ月のブランクがあるプレイヤーがいますので、妥当なところかなと。勿論、負ける言いわけにはなりませんけれど。
『曲物語@ブクセンいとう東中野』で登録したと思いますので、もしも当たることがあれば、そのときはよろしくお願いします。

現場での動きはちょくちょくツイッターで伝えられたらなと思っています。

それでは、6時半まで寝ます。
出場される方、お互い全力を尽くしましょう!

禁書目録Ⅱ&超電磁砲

昨日は更新サボりました。

昼前からずっとトリサバの調整をしていたのと、夜は新弾のリスト見てうなうなしながら寝落ちしたのとで、更新まで手が回りませんでした。
今やっとこさ買うカードのリストをまとめて、30分後には出発しようとしているところ。
屋根下と水辺佐天さんは初動で確保しなきゃあっと言う間に倍ぐらいになりそう。

眠気に襲われなければ夜にでもTD改良案レシピを上げますので、通りすがりの方でこの記事を読まれた方は、お待ちいただけたら幸いです。

では、いってきます。

2/23 オルソラ=アクィナス

ws_today_ORSR.gif
オルソラさんきたこれ!

フード取ったオルソラさんってすげえ好み。今からちょっと痛いこと言いますけどいいですか。
オルソラさんが好きっていうか、この髪型と顔のつくりがガチ好みです。2次元と3次元を混同する気はないけれど、『2次元に、3次元に求める現実的な範囲での理想的な外見の見本を作ってください』って言われたら、迷いなくオルソラさんを推します。
『萌え』じゃないです。『蕩れ』でもない。単純にタイプという話。
金髪だから推せるんでしょうね。ピンクだったりしたら絶対に推しません。
なんだかなあ。誤解なく伝わってるかなあ。変な人だと思われたんじゃないかなあ。地雷踏んだんじゃないのかなあ。

まあ要約すると、オルソラさんの髪型はリアルでも問題なく可愛いよねって話。
安っぽいラノベによくある人物描写、
→艶やかな、腰下まである黒髪を靡かせて以下略
は絵になってる分には可愛いけれども、黒とはいえ、リアルじゃなかなか難しいよね。

さーて、性能の話をしましょう。

昨日ちらっと紹介した《春上 衿衣》の《魔法》互換。
プールの違いか、パワーが500下がっています。春上さんは緑なので、緑の一応の特性である『パワー』が作用していただけなのかもしれませんが。
生徒会》を対象にした黄色のカード、《生徒会長 かなで》の互換でもあります。こちらもパワーは1000。

自ターンにダイレクトをして、返しに思い出を肥やしながら必要なカードを持ってくるというのがこれの動き。
けして弱くないが、1テンポ遅れるので、それを見越したデッキ、キャスティングが必要。
また当然だが、ストックのCXを掃いたり、リフレッシュ前にCXを切る目的での投入はできない。

現状では、公開カード同士でシナジーを形成している初春上の方が一枚上手か。

《超能力》サーチに対する《魔法》サーチ互換が出たんだから、《屋台の誘惑》の《超能力》互換が来るんだよね? ね? 期待してるぜ武士さん。回収だと超うれしいよ。

早ければ今日の夜にでも、オークションにカードが出始めるんですよね。胸熱。
とりあえずカードが手に入ったら、新規さん向けにタイトルカップ構築を考えたいと思っています。その後ネオスタンを考えていきます。

では。また次回。



ちょっと真面目な話。
レシピ公開の際にも再掲載します。

デッキレシピを公開するにあたり、適当なものを公開する気はありません。
受け売りの文句なので格好がつきませんが、デッキレシピを公開するということは、組んで使ってみて欲しいということで、結果お金が流れるということです。
人様のお金の使い道を、私が誘導しているということです。
ですので、無責任なことだけはしたくありません。
意見を求めたり、メモとしての『仮組み』を公開することはあっても、『とりあえずで組んだ即席レシピ』を公開することはありません。
その時点での自分が納得できるレベルに到達したときに、はじめて公開するようにしています。

私はまったくの未熟者で、トッププレイヤーには逆立ちしても届きません。
自分が納得できるデッキでも、そんな方々からすれば、紙束のように映るやもしれません。
ですが、未熟者なりの責任感とプライドをもって、記事の作成にあたっています。

ご理解の上、お付き合いいただけたら幸いです。

2/22 水辺の初春

ws_today_b (1)
腰から蛾みたいな模様の海草が生えてるんですが。
黒春カードが欲しい。

記憶持ち助太刀。発動していれば1/1助太刀と同じ数値になります。
《完全幼女な成人教師 小萌》は指定無し思い出2枚だったのに対し、『佐天』『春上』を指定することで1枚で発動するようになりました。
1/0/2000助太刀として運用できる助太刀は非常に使い勝手が良く、ハルヒネオスタンでは《魔法使い長門&シャミセン》をメイン運用しています。

ただ、《魔法使い長門&シャミセン》と異なるのは、+1000の振り分けがきかないところです。2面を500ずつ越えてくるような場面は割とあって、ノーコストハンド1枚で2面を守るという、超効率カードになり得るんですよね。
上記カードの+1000条件は自舞台の《宇宙人》が2枚以上。
ちょっとよく分かりませんが、長門が優秀って話なんですかね。

しかしだがしかし、だからと言ってこのカードが優秀な部類に入るのは間違いない。
禁書目録&超電磁砲初の0コストキャラカウンターというだけで1つの価値。
そして特徴も優秀。《優秀なオペレーター 初春》に引っ掛かる助太刀。《水着の固法》とも自然にシナジーする。
記憶も不自然なく満たすことができます。
《優秀なオペレーター 初春》を使うなら《無能力者 佐天》を飛ばしてもいいし、『春上』にはこんなカードが確認されています。


R 「春上 衿衣」
緑/レベル:0/コスト:0/トリガー:0
パワー:1500/ソウル:1/《超能力》
--------------------
【自】[(1)手札1枚控え室に置き、このカードを思い出にする]
バトル中のこのカードがリバースした時、あなたはコストを払ってよい。
そうしたら、あなたは自分の山札を見て《超能力》のキャラを1枚まで選んで相手に見せ、手札に加える。
その山札をシャッフルする。
--------------------
テレポートって初めて見たの
--------------------

周りのカードとの噛み合いが良く作られており、結果優秀なカードだと言えるでしょう。

では今日はこの辺りで。
また次回。

2/21 一つ屋根の下 美琴&黒子

ws_today_b (3)
相部屋なので“一つ屋根の下”。
黒子単体L3は出ないだろうと思っていたので、まあ予想通りといえば予想通り。
ただし、スペックは予想の斜め上をいっていた。

他のプールが見えないので壊れというには早計過ぎるにしろ、現状でも超スペックなのは間違いない。
赤で、《超能力》で、《風紀委員》で、CIP回復して、バーンできて、チェンジまで持ってる。

《超能力》のサポートが充実しているのは勿論のこと、《風紀委員》は《カエル》よりも汎用性が高くなりそう。
今でも《優秀なオペレーター 初春》がいるので、その効果対象となれるだけで評価できる。Ⅱの発売をもって、初春は本当に『優秀』と言えるはず。
第一弾の時こそ、効果範囲にもどかしさを覚えたが、Ⅱによって有用な《風紀委員》『佐天』の数が激増した。
特に《水着の初春》《水辺の佐天》《一つ屋根の下 美琴&黒子》というL33種にアクセスできるのが素晴らしい。
まだまだ増えるはずなので、発売まで目が離せない。

CIP回復はそれだけで優秀。

CXを必要としないバーンテキストは、デッキの決定力を高め、安定させるだけでなく、構築面でも大きな恩恵をもたらします。
他レベル帯の強力CXシナジーを諦めずに済むので、デッキパワーを維持したままデッキに組み込むことが出来ます。
また、おまけ的についているパワー+2000も全然おまけなどではなく、十分すぎる性能を持っています。

私は最初、チェンジにそこまでの魅力を感じなかったのですが、あるプレイヤーさんの意見を見て納得。間違いなく強い。
どういうことかというと、チェンジによって1点回復します。更にチェンジをしたということはL2なので、12000+α(αは小萌先生や木山せんせい)は大抵のL2以下のキャラを助太刀の上から踏み潰し、追加の1点を撃ち込みます。すると生じるクロック差は2。
クロック差2とか、今は亡き《休憩》、不朽のL2耐久用カード《木琴占い》、現環境最強イベント《コーデリアのお花畑》を使用したのと同じだけの効果ですよ?
こいつは1枚で凶悪なアドバンテージを生むのです。

チェンジ元がメインフェイズに悪さをするようなカードだと、いよいよもってぶっ壊れます。
チェンジ元に期待ですね。

どの色と合わせても強そうだから悩んでしまう。
こいつからデッキを組み上げるのが禁書電磁の鉄板になりそう。

問題は何度も言うように、ハンドとストックが追いつかないだろうということ。
解消されなければ、タイトルとして一線級にはなり得ません。
《水着の固法》とか惜しいんですけどね。

今回はここまで。ではまた次回。

WSコラム4 圧縮あれこれ

今回も割と新規さん用。
来週末は遂に『禁書目録Ⅱ&超電磁砲』の発売なので口実にはなるはず。
レシピ検索で来てくれた方がこの記事を読んで、「ヴァイスは運だけじゃ勝てないんだ!」と毛根くらいでも思ってくれたら嬉しいな。
そんな感じで。
べっ、別にL0についての記事がまとまらなかったわけじゃないんだからねっ!


さて、第4回のテーマは圧縮です。コラムを新規さん向けに書くという名目なら、第1回に書くべきテーマでした。
そんなわけでこのコラムは順番に読むことに何の意味もありません。必要な情報をその都度引き出して使っていただけたらと。

『圧縮』。
頻繁に目にする単語かと思います。
デッキ構築に際して、スロットの圧縮なんて言ったりもしますが、今回は対戦中のデッキ圧縮についてです。

デッキ内のCX(クライマックスカード)の割合を高くすることを『圧縮をする』と言います。
圧縮を行うことでキャンセル率を上昇させ、ダメージを受け難くします。
WSで勝つための最重要事項といっていいでしょう。
パワーの高いキャラを並べていても、ダメージがだだ通りで負けてしまうという経験は、WSプレイヤーなら誰でもあるはずです。

では、その圧縮の方法とは。
『リフレッシュを行う』こと。
これが最も単純で効果的。
ゲーム開始時のCX濃度は8/50です。リフレッシュを行うことで、なにも考えていなくとも、分母を20枚弱程度は減らすことができます。

◆分子を確保する
CX8枚全てが控え室に落ちた状態でリフレッシュをする。これは簡単なように見えて、とても難しい。
ストックの中にCXが埋まったままゲームが進行していたり、リフレッシュ直前になって手札に複数枚流れ込んできたりするわけです。
ストックにCXが行くことやCXを一度に引き込んでしまうことそのものを予防することはほぼ不可能ですので、そうなった後のケアが重要になってきます。

まず前者から。
1.低レベル帯にストックを使用するカードを用意しておき、使用する
2.コストアンコールを使用する
この2種類が挙げられます。2は後々を考えると極力避けたいので、基本的には1で対応します。
1で有用なカードは、1/1/7000バニラ、1コスト絆、1コスト集中、要コストサーチ(サルベージ)、辺りを挙げることができます。
これらは細かくストックを掃くと同時に、アドバンテージに直結するカード郡なので、うまくデッキに組み込みたいところ。
後述しますが、“集中”は特に便利なので、擁するタイトルは投入をオススメします。
少し慣れてきたら、先を見越したストック消費に挑戦するといいでしょう。
ここで1/1/2000助太刀を使っておけば、次のターンのキャラ展開でちょうどCXが落ちるな、とか、そんな感じです。

そして手札に引き込んでしまったCXを落とす場合。
これはカードテキストを使わないと難しいでしょう。リフレッシュ直前では、撃っても戻らないことが非常に多いです。
・登場時に手札を捨てることで使用できる自動効果
・手札をコストで起動できる起動効果
・チェンジ(CXフェイズチェンジが望ましい)
辺りを使います。上の場合は主にL0とL1のカードに頼りましたが、こちらはL2まで頼ることができます。
L0で、かつ1コストを要求する《耳年増 あーちゃん先輩》《チア衣装の小萌》の系統は早い段階からストックにも干渉でき、小回りが利き非常に優秀なシステムキャラと言えます。
《完全無敵少女 沙耶》《破城槌 イリヤ&バーサーカー》等は捨てる数を選ばないので、どうしようもない状況を解決することができます。

このリフレッシュ時にCXを戻す、という行為ですが、無理をして8枚戻すよりも、無理なく7枚返しにした方が得なケースもあります。場合によっては6枚でも。5枚以下は流石に厳しいものがあるので、多少の無理が必要になります。
損得の勘定が不慣れな内は、とにかく7枚以上を返せるようにプレイするといいでしょう。
CXを返さないという判断をするならば、早ければ早いほどいいですね。中途半端に掘って、結局返せませんでしたということは必ず避けてください。

◆分母を減らす
リフレッシュ時に控え室にないカードはデッキに戻りません。当たり前ですね。
しかし、この当たり前が重要です。
控え室以外の領域に、CX以外のカードをたくさん置いたままリフレッシュをしましょうね、という話です。
ストック、ハンド、レベル、クロック、舞台、思い出の6つが、控え室以外の領域となります。

いくつか抜き出して解説します。
・ストック
枚数を上下させること自体は非常に楽。ただ圧縮の話になると割と難しい。L2から大量にストックを消費するタイプのデッキの場合、リフレッシュ直前であることが多く、圧縮が甘くなりがちです。
ストックを大量消費して鉄壁の盤面を作ったのに、あっという間にL3になってしまったというのはよくある話。
圧縮を気にするなら、リフレッシュを待つという手もありますが、そうしなければならない時点で、それは弱いデッキであると言えます。損得を見極た上での選択ならば問題はないのですが。
解決策は後述します。

・クロック
相手にアタックされる以外では、基本的にクロックドローを行って増やす。
テキストのコストとしてのクロック増加もありますが、メリットとして扱うには慣れが必要です。
少し突っ込んだことを言うと、リフレッシュ直前で自分のクロックが1-6の時は、クロックドローを悩んでいただきたい。
クロック1-6でリフレッシュするのと、2-0でリフレッシュするのは、6枚もの違いがあります。
圧縮にはある程度目を瞑って、L2キャラを出して舞台を取りにいくのか。それともL2以降のダメージをカットしやすくするのか。その場面場面でどちらが得かを理解できるようになったら、「クロック通過します」に挑戦してみて下さい。

◆『集中』で分母を減らす
『集中』能力は、他のデッキ削り能力と違い、削っている最中のカードが宙に浮いた状態となります。
ルール的に言うと『解決領域』に置かれます。処理待ちのカードを置く領域ですね。プレイマット上には存在しません。
デッキが残り1枚の時にアタック宣言をし、トリガーチェックをした時、即座に山札の再構成を行いますよね。その間、トリガーで捲れたカードはそこで待機しているわけです。
では、《超電磁砲 美琴》というカードを例にとって説明します。

【起】 集中 [①]あなたは山札の上から4枚をめくり、控え室に置く。それらのカードのクライマックス1枚につき、あなたは相手の前列のコスト0以下のキャラを1枚まで選び、控え室に置く。

これがそのテキストです。
このテキストを、自分の残り山札が4枚の時に使うと、どうなるでしょうか。
その4枚を解決領域に置いたままリフレッシュをすることができます。コストとして控え室に落ちたカードを差し引いても、3枚分の圧縮に成功しています。
デッキにCXが無い時に使うと効果的です。

また、『集中』はデッキ枚数調整による圧縮も狙うことができます。
自分クロック1-4、デッキ10枚でメインフェイズを迎えたとしましょう。ここでアタックフェイズに入り、3回アタックすると、特殊アイコンがトリガーしなかったとして、デッキは7枚になります。
これで相手にターンが回ってアタックを受けると、おそらくこちらはレベルアップし、クロックのカードが控え室に落ちます。
しかし、前のターンに《超電磁砲 美琴》のテキストを使用したとしましょう。4枚余分に削れ、デッキ3枚で相手にターンが渡ります。
こちらのクロックは1-4のため、相手がこちらのデッキ枚数に干渉しない限り、クロックにカードを残したままリフレッシュすることができます。

相手にアタックを仕掛ける際には、逆に圧縮を阻害するような順序で仕掛けるといいでしょう。
例えば、相手クロック1-6で、デッキは残り2枚でCXは入っていないことが分かっている状況。こちらのソウルは1、2、2です。
ここで2から殴ってしまうと――分かりますよね。そういうことです。

◆リフレッシュを行うタイミング
ここまででほとんど答えが出てしまっていますが、1度目は早ければ早いほど良いです。
『集中』はストックに干渉すると同時に、リフレッシュまでの時間を短縮し、L1リフレッシュを狙えるようになります。
L1リフレッシュを狙うことによって、L2時点の大量展開による山札の逆圧縮を防ぐことができます。

◆番外:質の圧縮
今まではCX枚数に対する圧縮に着目してきましたが、ここでは内容について言及します。
他のTCGでもよく言われることですが、WSにおいても、知っておいて損はないと思います。
2週目以降引きたいカード、サーチしたいカードをきちんとリフレッシュに含め、逆に不要なカードは戻さない。
すると、デッキ2週目は、ドローしたカードが腐りにくくなります
それだけです。単純です。でも意外と意識から抜けているひとが多いのが現状。

後半に使うカードをリフレッシュに含めるというのは、赤のサルベージカードを含まないデッキでは、必須と言えるプレイングでしょう。サーチテキストを主に使うデッキでもそう。
L2以降のサルベージを主に用いるデッキを使う場合には、ストックに行ったその場所を記憶しておき、リフレッシュ後に発掘することが求められます。

不要なカードを戻さないというのも、きちんと意識したいところ。最も分かりやすいのがレベル置き場に置くカードの選択ですね。
『経験』を使わないデッキの場合、無意識にL0のカードや、1/1トリガーなしのキャラを置いていると思います。
ブシロード公式サイトの、『ブシロードワールドグランプリ2010 in 全国決勝大会』のレシピをご覧下さい。
《“お兄ちゃん”クロノ》というカードが入っていますね。このデッキには『記憶』も入っていないし、パワーも2500とバニラ以下です。
ではなぜ採用されているのか。
L0で攻撃した後、高確率でノーコストで思い出に飛ぶので、2週目以降に引かずに済むんですね。
デッキ全体として見たとき、バニラを積むよりも遥かに強いカードなのです。



こんな感じでいかがでしょうか。拙い文章でお恥ずかしい。
WSというゲームは、可愛い絵柄の割に、考えられることがたくさんあります。
ただ嫁と戦いたいだけなら、こんな面倒なことをする必要はありません。
ただ、嫁と戦って勝つところまで行きたいならば、ほんのちょっとでも、こんなことを意識してみるのもいいのではないでしょうか。
他のコラムも、『勝ちたい』方のお力になれればと思って書いておりますので、よろしければご参照ください。

疑問、質問、答え得る限り対応いたしますので、お気軽にどうぞ。

WS大会レポ3 ショップ大会+α

2/17木曜
会場:ブックセンターいとう東中野本店
人数 形式:9人 スイスドロー
レギュレーション:オープン(実際はネオスタンのみ)
使用デッキ:3色宇宙人みくる改

1回戦 不戦勝
不戦勝は負けと同じ(キリッ
頼むから偶数人集まってくれ……。

2回戦 DC生徒会
先攻《長門 有希》+宇宙人トリオ2枚。L0は問題なく有利なゲームを進める。
アタック数は割と稼いでいたけれど、キャンセルの差でこちらL1先上がり。
1000/1CXの《寝ぼけるエリカ》が2枚と、《決意のエリカ》が見えていたので1/0/5500バニラを2枚投入し、6500、4500、6500でドヤ顔。《待機モード 長門》を立てておきたかったが、引けず。
返しに相手も1/0/5500バニラ2枚と、《決意のエリカ》を登場させる。後列は無し。
そしてCXフェイズ《寝ぼけるエリカ》。助太刀を握っておらず(要反省)、こちらの全てのキャラがリバース。
こちら1-5。
CXを張って3点2点をつくる。エリカをリバースさせる。《真実》を捨てられて成長。3点をピタキャンされる。相手1-5。
この後、こちら先上がり。2-3。《夏祭り 長門》を立てたかったが、全落ちしていたため断念。
アタックし、リフを挟んでこちら2-4。6戻り
返しに通ってL3へ。《ネコミミ みくる》は出ず、相手後列がいないため、《夏祭り 長門》を1枚立てて《サムデイ イン ザ レイン》。しかしぎりぎりL3にできない。
その返し、相手の全打点が通ってこちら3-6。CXどこー?
《残り2週間の夜》《トラブルガール ハルヒ》を引けず、《おめかし 長門》サーチから登場時追加コストで焼け石に水な1点回復。
返し、2点2点2点を作られ、アタックフェイズ。
最初のアタックをキャンセルするも、2アタック目でゲームセット。
試合後のデッキの並びは言うまでも無く。

トリサバでも一定数見ることになるであろうデッキタイプだけに、きちんと勝っておきたかった。
L1の8000、L2の12000、L3のおめかし+ネコミミが刺さりまくるので、有利な相手のはずだった。
敗因はL1のグダグダ。もう少しどうにかなったはず。ていうか助太刀サーチしておくだけで90度くらいは違ったと思う。

3回戦 黄緑メルブラTD改
前回のリベンジマッチ。
ひたすら相手のキャラを潰していく。早々に相手の手札を枯らすことに成功。
なんだかんだ私にも打点が通り、2-6でターンを渡される。相手も同じくらい。
相手アタック時にトレジャーCXが捲れていたのもあり、クロックドローから《ネコミミ みくる》。
2ターン目もみくるでロックし、勝利。


結果は1勝2敗となりました。うーむ。勝ち越せない。
レシピはおそらくもう動かない。抜けるものも入れるものもない。あとはどれだけプレイングを洗練できるか。
トリサバ終わったら、レシピ晒しますね。


ここから+α

禁書目録トライアル/タイトルカップと、3月度ショップ大会のPRが公開されました。
キャラはインデックスと美琴。1枚のカードにして《本》《超能力》のカード出してくれないかなあ。後列向きの。
出たとして《本》《カエル》か《魔法》《超能力》でしょうけれど。
美琴がショップPRなのは良い判断。少なくとも3月は人不足はなさそう。

まずはインデックスから。
id_w13_110.gif
体操着のインデックス
ID/W13-110 PR
キャラ 黄
レベル 0 コスト 0 パワー 2500 ソウル1 トリガーなし
魔法 ・ 本
テキスト 【起】 [あなたの《魔法》のキャラを1枚【レスト】する] そのターン中、このカードのパワーを+1000。
フレーバー
これが学校生活かぁ。いいないいなぁ

超可愛い。インデックスちゃんprpr
いいよー。こういうイラストがガンガン出れば彼女の地位向上に繋がるはず。
テキストは前回ブースターの《白井 黒子》の《魔法》バージョン。他にも同系がいる。
後列《魔法》2枚で4500まで見ることができ、《謎の純白少女 インデックス》が絡めば、5500まで見ることができる。L1まで戦えるL0。
また、“とある”はCXフェイズチェンジのため、チェンジ元である《“Dedicatus545”インデックス》《“女教皇”神裂》を寝かせ、更にパンプをかけることができるのもポイント。
《“お姉さま”美琴》《天才魔術師 ステイル》等の、後列を寝かせたいキャラを使う場合にも一役買ってくれる。
と、こう書くと強そうだが、実際の採用率は上がらなさそう。
現状、有用な《魔法》後列が《天草式十字凄教 五和》程度であり、L1L0で《魔法》後列が場に出ない。
他色と絡めると、《謎の純白少女 インデックス》を入れる意味がいまいち見出せない。
上記のチェンジ自体、使うかどうか怪しい。
美琴とステイルを使うなら《メイド候補生 舞夏》が入ってくるはず。
そんな理由で、現状、所詮はPRという話。最近強いPRを見ているだけに、ちょっと残念。
ただブースター発売まで最終評価は持ち越しですよー。

で、美琴に行きましょうか。
id_w13_111.gif
ドキドキプレゼント!? 美琴
ID/W13-111 PR
キャラ 黄
レベル1 コスト0 パワー4500 ソウル1 トリガーなし
超能力 ・ カエル
テキスト 【自】 このカードがアタックした時、あなたのキャラすべてに、そのターン中、パワーを+500。
フレーバー ヤバ…なんか胸がドキドキしてきた

このイラストと《冬の贈り物 インデックス》と同じような黒子で1枚のイラストだったはず。
このテキストは割と良さげ。自身5000になれて、かつ特徴を選ばない。
《アグレッシブな黒子》を置いて、返しにこのカードを残すか、バニラを残すかを迫れるのは強い。

ちゅーこって、今日はここまで。
結局今日は家にいたんだよなあ。父の都合で海釣りに行けなくてですね。
大人しく課題やってました。

明日はコラムを書けるのか否か!

2/18 常盤台のお嬢様 美琴・常盤台のお嬢様 黒子

ws_today_mkt3.gif
絵柄は人によって好みが分かれるでしょうか。私は結構好き。
表情っていうか、ポーズがすごく可愛い。胸がどうとかじゃなくて、単純に。
キャプチャでUにしては美麗なカードですね。

書いてあるテキストはひとつ。クロック絆。
ストックを使わず手札が増える強能力。あとは1クロック増加をどれだけメリットとして活用できるか。
5点止め回避というのは、L0が強くなりそうな現状、そこまで意味のあることに感じられない。しかし、デッキ枚数の調整、ゲームスピードのコントロール等、やはり用途は広いので、結果優秀なカードと言える。
パワーを500にして追加能力を持たせなかったのは、絆先の強力さに拠ると思われる。
第一弾ブースターのクロック絆、《佐天 涙子》のように条件下のパンプを持っていたりすると、流石に危険と判断されたか。リバース時1コスト思い出くらいはあってもよかったとも思う。

そして絆先。
ws_today_krk2.gif
《大能力者 黒子》の失敗を反省したのか、テレポートの瞬間でも可愛い瞬間をカードにしてくれました。

1/1/7000のほぼ上位互換ですって見える。特徴パンプ無しで左右に8000を置けるのが弱いわけも無く。
上の絆から1コスト1クロックで2枚キャラを確保できるのは魅力的。どの絆にも言えるけど、これは同系の中ではトップクラス。
《御坂 美琴》から召喚可能で、《月詠 小萌》を置いて10000ですって言える。これって実は大きい。
8000+カウンター2000でL1帯の盤面を想定しているデッキをマークできる。召喚するのが1/1/7000だとそうもいかない。
ただまあ割と穴もある。ミラーマッチがちょっと不安。
このカード自体が《勝気な女の子 美琴》に焼かれてしまうのもそうだし、美琴ネーム持ちを前列に置いておくと、そちらから崩される危険性を孕む。
多くのタイトルへの圧力となる《超電磁砲 美琴》も警戒しなくてはならない。
解決策としての、優秀な後列用美琴が望まれる。
現状、美琴ネームに《カエル》《風紀委員》まで持っている応援、《学園都市の美琴&黒子》がいるが、去年の大会PRカードであり、このブースターから参入する方には苦しい。
プレイ期間の差が構築プールの差に繋がらないようにするためにも、何かしらの答えを期待します。



赤が優秀ですねい。赤が強いエキスパンションは強いので、かなり期待できます。「とあるでぃすってたやつらざまあ」がかなり現実的になってきました。ふふん。
赤1帯枠に何を選択するのか、ちょっと分からない状況です。それってすごく幸せなことなんですけどね。《御坂 美琴》《勝気な女の子 美琴》《常盤台のお嬢様 黒子》《アグレッシブな黒子》。アグ子は例外的な匂いがするにせよ、何に何枚割くかが見えてこない。
まあ、全プールが見えてから、ゆっくりじっくり考えようと思います。

いやもう、来週の今頃(現在15時過ぎ)には、めぼしいカードを全部揃えた状態で家にいるんですよね。楽しみで仕方ない。
多分来週水曜の深夜くらいには、全プールの情報が出てくるはずなので、そこを見て決めるとしましょう。

では、今日はこの辺りで。
土日どちらかで、L0についてのリベンジ記事が書けたらいいなあ。

2/17 普通の女の子 佐天・屋台の誘惑

ws_today_saten2.gif
右頬の汗がなかったら完全に危ない子だよ佐天さん!
病み(闇)佐天さんも魅力的ではあるけれど(
対応は2000/1だそうです。

その他のプール次第とはいうものの、積極的に使うことはなさそうと思ってしまうテキスト。
弱くはない。むしろ強いくらいだけれど、《恥ずかしがり屋 エリー》を見た後だと、ちょっと「うーん」となってしまう。エリーが強すぎる説なんですけどね、実際。
システムキャラとしての運用ができないので、CXありきになってしまう。ネオスタン構築だと、これに割くCX枠があるのかちょっと怪しい。
L1の盤面を考えるなら、《月詠 小萌》《勝気な女の子 美琴》辺りが頑張ってくれるでしょうしね。
そんな感じです。

続いてメルマガ公開のカード。
50cn.jpg
ID/W13-097 U EV 「屋台の誘惑」
青/レベル:2/コスト:1/トリガー:0
--------------------
あなたは自分の山札を見て《魔法》のキャラを2枚まで選んで相手に見せ、
手札に加える。その山札をシャッフルする。
あなたは自分の手札を1枚選び、控え室に置く。
--------------------
日本の料理文化は食という名の誘惑の塊かも
--------------------

これは強いはず。
枚数は増えないが、1コストであることが非常に大きい。
1枚撃つだけでハンドが激強になるんじゃないでしょうか。
L2以降キャストしたいキャラの投入枚数を抑え、臨機応変に立ち回るためのカードとしてはかなり有力でしょう。
《ネコミミ虫眼鏡》は結局あまり使われていませんが、このカードとは微妙に採用理由が異なってくるので、一概に比較することは難しい。

問題があるとすれば、イベントを好まない方にはちょっと辛いかなと。《回復魔術》を含めて5枚以上のイベントがデッキに投入されることになります。私は気になりませんけれど、気にする方も割といらっしゃるようで。どちらが正しいとかいう話ではありませんよ。念のため。
まあ、《休憩!》禁止以前のLBはイベント6枚とかが普通でしたので、引き合いに出すならそこかなあ。



ここから雑記

DGを組むために5店舗を回って来ました。なかなかR以上のカードが見付からず、《ラハール&マオ》《元・天使フロン》《ラズベリル&フロン》《魔王マオ》が十分に揃わなかった。気長に組めってことだろうか。
その過程で桐乃スリーブ600と、黒猫スリーブ630を発見。お金ないのにも関わらず迷わず購入。精神的なアドを得る。
地元へ戻り、そのままいつものショップへ。到着し、荷物を漁るとあらびっくり。
3店舗目で買ったカードがない
500円ほどではありましたが、今の私にはマネーアド的にも苦しいし、精神的アドもかなーり削られました。
ツイッターにも書きましたが、家に帰って鞄をひっくり返してみてもやっぱり無い。落としてきてしまったかあ……むう。

皆さん、私をフォローすれば、私がしくじった時に「いつも偉そうな事書いてるからだよざまあ」って言えますよ! リンクは当ブログ左上に! 私は転んでもただでは起きないッ!(

いやあ、やっぱりですね、誰も見てないところでつぶやくよりはいいじゃないですか。教えて下されば、私からフォローもいきます。ツイッターの面白さを今更ながら知ってしまったので、それを共有できるならすごく嬉しい。

ちゅーわけで、今回はここらで終わりますね。
明日は金曜2枚公開です。
心躍るカードでありますよう。
それでは、また次回。

2/16 “Fortis931”ステイル

ws_today_b (2)
14歳ですよねきみ。そうだろフォルティス君?

性能としてはそう、私の最近の思考回路だとバニラの上位互換に見える。
L1を相手にするだけで4500。L1システムキャラの基準値に並ぶ数値になります。これは間違いなく優秀。
通常のL2L3を相手にする場合のパワーは評価に入れません。そいつらに対してこいつを出している時点で弱すぎるので。
能力でレベルが上がるカードに対してのメタカード、と言えなくもないですが、今のところのそれらはわざわざメタるほどでもなく、普通に戦える範囲なので、そういう意味での採用はナシかと思います。
あくまで、L1を食えるL0は強いって話です。

L0時点では、3000も2500も働きとしては大差ありませんので、そこは問題ないかと。

強いカードではありますが、バニラを採用するならばこいつ、というだけなので、そもそもバニラを積むスペースが無さげな以上、広く使われるカードにはならないでしょう。
小萌先生があーちゃん先輩の完全な互換だったら多少話は違ったのでしょうけれど。
その方が原作再現的にもいいだろうになあ……。


ここから雑記

とあるプレイヤーさんに触発されて、イラストが好みで前々から興味のあったディスガイアを組みたくて仕方ありません。
発売まであと10日と差し迫った禁書電磁よりもモチベが高いくらい。
いや、勿論禁書電磁も本気出しますよ? でもフロンちゃんとも遊びたい。
明日の午前中にでも地元のショップを駆け回って、ある程度は形にしたいところ。
《超魔王ラハール》《ラハール&マオ》《ラズベリル&フロン》辺りを集めるのに苦労しそうな悪寒。
誰か私にDGのカードを投げてくれる魔王様はいないものか。第十五世界の魔王、天誅戦隊のセイちゃん助けて!(誰にも伝わらない

明日のショップ奔走の様子を、値段メモ的な意味も込めてツイッターでなんちゃらしてみようかなと。
今までほとんどつぶやかない人でしたが、これを機にクラスチェンジできたらいいな。
ついでにフォロワーが増えたら嬉しいな! 左上にあるよ!←


で、もうひとつ。
ブシロード木谷社長のツイートを引用
『27日のライブでヴァイスシュヴァルツの2011年参戦タイトルを7つで発表します。既に2つは発表済みですので、5つ当てて頂きます。詳しくは明日HPで。ヴァイスキャンペーンのヒント、頭文字、り、し、ば、ま、ろ、の5タイトルです。よろしくお願いします』
とのこと。
各所で様々な予想が出ていることでしょう。
私は『ば』が気になります。
『化物語』であることを祈っています。ブログのタイトルからも分かるように、西尾維新さん作品が好きで好きでたまらないのですよ。小学生の頃に戯言シリーズに出会って以来、敬愛し続けている作家さんです。
当然刀語も全力で買う予定ですよ。特徴《ちぇりお》とか超期待してる。


とまあ、こんなところで今日は締めましょうかね。
明日はメルマガと合わせての2枚公開に期待です。
メルマガは青のイベントらしいですね。ソースはツイッター。
では、また次回。

2/15 負けられない戦い 美琴

ws_today_mkt.gif
バウンスシナジーだけで4500になっている、残念査定のカード。


と思いきや、
ws_today_mktt.gif
ミスだったようです。ふう、良かった良かった。

イラストは悪くないけれど、しかしテキストは首を傾げざるを得ません。
指定無しバウンスは無茶苦茶強いんですが、これはちょっと使う気に慣れませんね。
レベルが1上がれば、ノーコストで撃てるようになるんですよね。L1時点でバウンスしたいカードがあるかと訊かれれば……うーん。
《フェイト with バルディッシュ・アサルト》クラスのカードなら、採用圏内なんですが。
どのCXを掻っ攫っていくのかが問題。ショットとリターンは残しておいてくれよ? な?

あ、でも2/1キャラのバウンスシナジー持ちでも、結局出すのに1コストかかってるわけだから、そこまで悪くないのかもしれない。
少なくとも《フェイト with バルディッシュ・アサルト》の方が強いのは明白だけれど。
赤黄ウィニー的なのも組みたいと思っているので、そこでならお呼びがかかるかもしれません。

というわけで、今回はここまで。
また次回。

2/14 銀髪碧眼のシスターさん・水辺の佐天

ws_today_id3.gif
oreimo01.jpg
俺のシスターさんがこんなに可愛いわけがない。
いやほんとに可愛い。ていうか元から大好きだけどね!
魔術サイドが全部インデックスでも私は文句言いませんよ(

まさかのインデックスネーム無し。パンプ出たらきついですね。出ないとは思いますが。
1つ目の自動効果が鬼強い。L3盤面で負けないって書いてある。回復魔術でL3ゲーしろってことですね分かります。
デザイナー的には、この間のとーまをこいつで守れってことだろうか。もうちょいサポートがあればとーま×インデックスにワンチャンあるかも。地区決勝レベルでは絶対ないけれど。
CXシナジーはどうだろう。《夏祭り 長門》のシナジーを見た後だと、ちょっとカードパワー低いかなあ。
というかパンプテキストってそんなに査定重いんですね。CIP回復だと壊れカードですけれど、もうちょっと考えて欲しかったというのが本音。
明らかに回復魔術がある前提のデザインだよなあこれ。

どうにか持ってくる手段をこさえて、ピンか2枚で運用したいカードですね。
CXシナジーは基本スルー安定の匂いがします。

ていうか、うーん。武士もインデックスいじめの流れに乗っちゃうかー……。電撃つながりで某灼眼とかけてる気もするけど。
確かラジオかイベントかなんかで、『インなんとかさん』って言ったのが始まりでしたっけ。
あんまりこのネタ好きじゃないんですよねー。超個人的なことですけど。
愛されてるが故の『いじり』なんでしょうけれど、なんだかなー。面白いと感じたことがない。
イカ娘ネタは大好きですよ。ほら、超個人的w

さてさて、余談はこれくらいにして、メルマガのカードもいきましょうか。

RG/W13-027
カード名:水辺の佐天
カテゴリ:キャラクター
色:緑
レベル:3 コスト:2 トリガー:1
パワー:10000 ソウル:2
特徴:《特徴なし》

【永】あなたのストックが5枚以上なら、このカードのパワーを+1000。
【永】このカードの正面のキャラのソウルを-1。
【自】[①]このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたはコストを払ってよい。
そうしたら、そのターン中、このカードのパワーを+1000し、次の相手のターンの終わりまで、
相手はイベントを手札からプレイできない。

なんか楽しそうですね!

レアリティ:RR

なんか絵柄強そう。水着姿でしょうから、本編通りならかなり強いはず。
インデックスが500円スタートなら、佐天さんは900スタートくらいか。
テキストも申し分なく、スタン構築でも余裕でお呼びがかかりそうなのも、高くなる理由の1つ。
《トドメのアスカ》の初動価格と似た感じか。結局シャマザフィを退かせたのかは知りませんが。

1つ目の永続効果にはあまり期待できなさそう。持ってて損はしないけれど、回復魔術やら電撃姫やら撃ったら5枚は無理です。それとも、佐天さん絡みの超ストックブーストに期待していいのか? もし来たら、禁書電磁の弱点が本格的に消えます。一応期待。
ソウル-1効果。これも回復魔術前提っぽいデザインだよなあ。まあでも、相性がいいのは間違いないし、良性能。
で、自動効果。これは強い。値段高騰の原因。CXを必要としないイベントロックはなかったはず。地味に1000パンプまで持ってるし。
休憩色褪せが消えたとはいえ、それらを越える《コーデリアのお花畑》を封じられるのは楽しすぎる。
タイトルミラーで《回復魔術》も潰せますしね。佐天さんマジ無能力者(褒め言葉)。

邪推すると、ミルキィを出す段階で、
武士「次のブースターでメタカード出すからいいよね!」
とか言ってそうな気がしたりしなかったり。
まあ、そういうブラックな話はほどほどに。

《超能力》無しがどう響くかって話は、もう割とどうでもいい気がします。そういうテキストじゃないし、小萌先生でサーチ利くし。今妄想中のデッキには《多才能力者 木山》が明らかに入らないっていうのも、そう思っちゃう原因なんですけど。
結局、《多才能力者 木山》《冥土返し》を使わないタイプが台頭しそうな気がするんですよね。

《優秀なオペレーター 初春》の効果に引っかかるのも優秀ですね。


この佐天さんのおかげで、禁書電磁がメタゲームに食い込めるようになったっぽいですね。
このインデックス(通称:俺妹インデックス)にしても、器用なパワーゲームができるようになったように見える。
パワーラインきちんと見極められたら、かなーり凶悪なタイトルになるんじゃないでしょうか。
『とあるでぃすってたやつらざまあ』って誰かが言ってる。

では、今日はこの辺りで。
また次回。

WSコラムその3 強いカードとは L0編

ある人は言いました。
「強いカード、弱いカード。そんなの、ひとの勝手。本当に強いプレイヤーなら、好きなカードで頑張るべき」
と。
そういうWSも勿論ありです。キャラクターTCGとして始めた方がほとんどでしょうから。
私はWSをプレイしている内に、考えるべきことが多く、非常に奥の深いゲームシステムに惹かれ、今に至ります。キャラ愛だけなら、こんなに長くプレイすることもなかったでしょう。

今回のコラムは、前振りからも分かるように、ある程度WSをプレイされてきた方には物足りないかと思います。逆に、始められたばかりで偶然ここに辿りついた方には、割とためになるかもしれません。
新規さん向けと言っておきながら、その1とその2はちょっとそれに相応しくなさそうなので。
原点回帰です。


では、いきましょう。
可能ならば、別に公式のカードリストか、wikiを開いておくといいかもしれません。
L0から順を追って紹介していきます。


まずは強いキャラを大別します。
a)アタックした上で、出した次のターンまで生き残る可能性の高いキャラ
b)相手のL0キャラを確実に倒せるキャラ
c)L0を終えても、活躍が望めるキャラ

大雑把に分けるとこんな感じでしょうか。早くも『キャラ』がゲシュタルト崩壊しそうなんですが、大丈夫かな。

ここから細かく見ていきます。それぞれのカテゴリは、なぜ強いとされるのか。それを見てから具体例に進みましょう。

・a)アタックした上で、出した次のターンまで生き残る可能性の高いキャラ
1枚のカードが、ターンをまたいで2回以上殴れるということですね。
キャラが生き残れば、新たに登場させるキャラは最低限でよく、自然と手札が増えていく。また、引いてきたL0をクロックに置くという選択肢を取れるので、手札の質も向上していく。
キャラが残ると、アタック回数が増え、ストックが溜まっていく。相手に与えるダメージを与える機会も多くなる。

いいことばっかりですね。
どんなテキストが当て嵌まるかというと、倒されないパワーを持つ。そもそも殴られない。がそうです。
a-1)相手ターン中、何らかの支援を受けなくとも3500以上のパワーになる
a-2)相手ターン中に枠移動が可能
a-3)相手に攻撃を戸惑わせる

a-1、これが最もポピュラーです。バニラ以上のパワーになることで、バトルで負けにくくなります。
なんらかのデメリット、あるいは条件を持っていますが、常時3500を上回るキャラは『b)相手のL0キャラを確実に倒せるキャラ』としても有効ですので、積極的に使っていきたいところ。
ほぼ全てのタイトルに1枚は収録されているはずなので、お手持ちのカードを漁ってみて下さい。
L1キャラへの『チェンジ』もここに分類されますが、コストをきっちり計算した上で、普通に3500キャラを並べるのとどっちが得なのかを見極めましょう。

a-2、これは非常に強力とされています。現在、L0では3種しか存在していません。
該当カードは《方向音痴あずさ》《“3バカ”杉並&義之&渉》《お姉さまへの憧れ 黒子》。
相手が2面以下で攻撃してきた場合、攻撃そのものをスカすことができます。自分がこれらのカードを2枚出していた場合でも、片方は生き残ることができます。
また生き残るだけでなく、倒されないパワーの相手キャラの正面に移動して、被ダメージを減らす、という使い方も可能です。
対処法として、3面で攻撃するというものがありますが、難しい。
手札の消費が凄まじいので、全てのデッキでできる訳ではない。その上、《方向音痴あずさ》《お姉さまへの憧れ 黒子》は一般的なシステムキャラでは倒しにくい数値を持っていますので、3面アタックをしても割れるとは限らない。そもそも、1ターンでL0を3枚引いて来ること自体が、デッキ構築の時点で意識しないと難しい。
これらを擁するタイトルを使う場合には、是非投入したいカードですね。

a-3、これも数が少ない。
パッと思いつくのは《使い魔 リニス》と《病室のはやて》です。フロントアタックされた時に、前者は7000バニラ、後者は5500バニラと入れ替わります。
この手の能力は、持っていることに意味がある。相手がサイドアタック、ダイレクトアタックを選択してくれれば、a-2と同等のアドバンテージを得ることができます。
ただし、安定しないのが欠点です。私はこの手のキャラと対峙した場合、自分のデッキにも寄りますが、大抵の場合倒しにいきます。そしてなるべく他の面を空け、返しのL1先上がりを試みます。そこで倒してしまえば、クロック以外のアドバンテージを奪うことができます。

相打ちキャラはここに含まれません。基本的に、相打ちキャラが相手盤面に残っている場合には、倒しにいくほうが正解であることの方が多いので。


・b)相手のL0キャラを確実に倒せるキャラ
aがアドバンテージを得るためのキャラとすれば、これは相手にディスアドバンテージを負わせ、結果としてのアドバンテージを得ようとするカード郡です。
極端な話、相手のL0キャラを全て倒してしまえば、相手は攻め手を欠き、こちらのキャラを割れなくなりますね。
攻撃は最大の防御とは、本当によく言ったものです。他の要素に対しても当てはまる言葉で、WSの全てを言い表していると言っても過言ではない。

話が逸れました。とにかく、相手に好き勝手させないためのカード郡ということです。
b-1)自ターン中、何らかの支援を受けなくとも3500以上のパワーになる
b-2)相打ち、擬似相打ち持ち
b-3)味方のパワーを瞬間的に上げられる

b-1、これはa-1の反対を言っているだけですね。これはもう詳しく説明しません。
ただ、求められるラインはa-1よりも1ランク落ちます。相手のa-1キャラと同じパワーがあれば、相打ちキャラと同等に機能しますので。

b-2は、よく使われるカードですね。
WS初期に一時代を築き上げた『ミハネム』というデッキタイプでは、《天枷 美春》2枚の支援を受けた《浴衣の音夢》が、L0にして5000という訳の分からない数値を誇ります。そんなカードでも問答無用で打ち砕いてしまうのが相打ちキャラです。
bの視点で見れば、間違いなく最強のL0ですね。

しかし、L0相打ちキャラは極力使いたくない部類のカードだと言えます。
先行1ターン目でそれしか引けなかった場合、非常に弱い。
基本的にパワーが低く、1回しか殴れないのが前提で、かつ返しに、相手の適当なキャラを道連れにするだけに終わります。
また、最近はL0でのレベルパンプも増えているため、相手ターンまで残した場合、最低限の仕事すら出来ない可能性もあります。
パワー+2000/ソウル+1/1ドローのCXを入れる場合にも、このカードの重要性は低くなります。

b-3、これは分かりやすいでしょう。自分のアタッカーにパンプを入れて、ストックを使わず4500まで出せるようになっているといいですね。
ただ、L0で使うためだけに入れるときは注意が必要です。a-1やb-1キャラと違って、パンプ対象のキャラと2枚揃って初めて機能しますので。デッキスロットを圧迫していることも忘れずに。

・c)L0を終えても、活躍が望めるキャラ
強いと言われているaのカードもbのカードも、ゲームが進めば相対的に弱くなっていきます。
しかしこのカテゴリのカードは逆で、ゲームが進めば進むほど、器用なカードとして強くなっていきます。
欠点は総じてパワーが低いこと。システムキャラが大半を占めていて、後列キャラ等の例外を除き、L0時点ではパッとしないカードも多いものです。
それでもやはり、このカテゴリがデッキに多く入っているほど、強いデッキだということができます。L0の時間よりもL1からゲームセットの時間までの方が明らかに長いので、当たり前ですよね。
aとbが強いと、それだけ余裕ができるので、cのキャラを積み増すことができます。バランスが重要なんですね。
『アンコール』を持ったL0キャラは、それだけで強いと言えます。
L0で引かなければならないキャラの枚数が少なくなり、結果、構築時点からL1以上のカードやシステムキャラを積み増すことができるからです。
ただ、《長門 有希》を除き大抵は相手ターンのパワーに難があるので、それもまたバランスが重要ですね。

手札が増えたり、質を良くしたりするテキストは、最初のアタックでトリガーしてしまったCXをコストに使用できるので、L0キャラが持っていると非常に強い。色指定もないのでデッキを選びませんしね。
《複雑なお年頃 音姫》《堕ちた真祖 アルクェイド》等の1コストソウルパンプも有効です。

cの延長で、《“お兄ちゃん”クロノ》《“花飾り”初春》等も強いカードだと言えます。
仕事をしたあとは、ノーコストで思い出に飛べる可能性があるので、リフレッシュ後のデッキの質が良くなります。つまり不確定であるドローで、強いカードを引ける可能性が上がるわけです。枚数と質の圧縮を同時にこなす優良カードですね。


ちなみに、このabcの要素の内、2つ以上を持ったカードも存在しているわけです。
《非常招集の綾波》、《エレベーターのアスカ》、《方向音痴あずさ》、《いつもの長門》、《温泉のハルヒ》、《μ》、《“混血”秋葉》、《“お姉ちゃん”杏》、《美琴のルームメイト 黒子》、《超電磁砲 美琴》、《“再会”なのは&フェイト》、といった辺りをパッと挙げることができます。
強力カード郡です。まあ、参考程度に。


こんなに長々と書いたわけですが、ネオスタンダードではほとんど選択肢が限られてくるので、意識せずとも上に挙げたようなカードを使っているかと思います。
明確なコンセプトがない内は、自然とそうなっているはず。
ただ、『なんとなく』でカードを採用せず、カード1枚1枚に意味を持たせてデッキを組むと、間違いなく強いデッキが組めるので、そういう時に、少しでも参考にしていただけたら幸いです。


なんか最初に書こうと思っていたこととズレてしまった。
これはL1編以降を書くか微妙だな……。

と、いうことで、「このカードは強いの? 弱いの?」「強いって言われてるけど強さが分からない」「自分は強いと思うのになかなか賛同が得られない」等の質問疑問を大募集です。
確か私は本来、そういうことを書きたかったはず。

では今回はここまで。お付き合いありがとうございました。
明日の公開カードが楽しみです。



2/13 22:20追記
これ読み返したら、本当に当たり前のことしか書いてありませんね。こんなの読んでもなんの得もありませんよ。
なにこの黒歴史。ワンチャン記事削除まで見えるんですが。
戒めとして残しておくのもありですけどね。ちょっと考えます。

今日のカード番外編 勝気な女の子 美琴

RG/W13-055 R CH
「勝気な女の子 美琴」
赤/レベル:1/コスト:1/トリガー:0
パワー:6000/ソウル:1/《超能力》《カエル》
-----------------------
【自】[(1)あなたの山札の上から1枚をクロック置場に置く] あなたのクライマックス置場に「超電磁砲」が置かれた時、このカードが前列にいるなら、あなたはコストを払ってよい。
そうしたら、あなたは相手の前列のレベル2以下のキャラを1枚まで選び、控え室に置き、そのターン中、このカードのパワーを+1000。
【自】アンコール[手札のキャラを1枚控え室に置く]
-----------------------
次は本気でいくからね

ブシロード堀井さんのツイッターで公開されたカードです。粋なことをしてくれる。
これはアホみたいに強いですね。
Rというのがびっくり。RRにしても誰も文句言わないって。

除去だけじゃなくパワー+1000まで持ってるとか。盤面で負けないって書いてある。
ソウルが足りない場合に盤面をこじ開けにいけるのもポイント。
ただ、そういう時は通せば勝ち、相手にターンを回したら負け。みたいな状況であることがほとんどで、「3コスアンコールで」と普通に言われる気もするけれど。

対応の《超電磁砲》は現状2000/1CXなので、このままでも十分強い。扉で出ると◎。このカードに関しては、ソウル+2よりストックソウル+1の方が良い。《“最強無敵の電撃姫” 美琴》のシナジーが撃ちやすくなるので。
あ、追加ブースターでの同名CX再録は《スターライトブレイカー》と《“エース・オブ・エース”なのは》《全力全開なのは》という前例があるので、おかしいことではありませんよ。念のため。《ディバインバスター》もそうですね。

で、自前のハンドアンコール持ち。これも評価が高い。ABと違い、現状公開されている禁書電磁Ⅱのアンコール持ちは、大体カードパワーが上がっている。
《冥土帰し》を後列に置かないことと、構築上の4枚の空きスロットは明らかにデッキパワーを上げます。

コストとしてのクロック増加は、メリットとして扱うのは少し難しそう。絶対無理って言っているわけじゃありません。単純に、少し高度なことを要求されるのではないかな、ということです。
クロックアンコールやクロック絆と違って、その後自分がアクションを起こせるまでにワンクッションをはさみますので。
返しに受けるダメージをおよそ予測して使えば、有効に使えそうですね。



これはネオスタンで組む時の方向性が定まってきたな……。問題はやはりストック繰り。除去と記憶を両方狙っていくと、間違いなくストックは足りない。L0黒子が強いのは当然として、もう1つなにか欲しいところ。
タイトルカップ仕様は、残りのプールが見えないのでなんとも。ただ、この美琴によってL2で壁を立てるデッキは苦しいかもしれませんね。ていうか《不思議シスター インデックス》。

このカードが出るまで、某所では「禁書電磁Ⅱの公開は全部弱い」的なことも言われていましたね。
少し前からこのブログを読んで下さっている方はお分かりいただけると思いますが、私はそうは思いません。
むしろ優秀と思えるカードの方が多いくらい。
他意はありません。ただ、今回の禁書電磁は割と本気ですよ。ということを言いたいだけです。

明日はコラムを書けると……いいなあ。
もう早速ネタがない。構築ノウハウは持ってないし。
一応考えているのは『弱いカードと強いカードの条件』とかですかね。
勝率を上げたい方向けのその1とその2から打って変わって、新規さん向けの内容になるかもです。

なにかリクがあればどうぞ。書ける範囲で書きます。全く書けない可能性もあるけどな!(

では今回はここまで。また次回。

WS大会レポ2 ショップ大会

ショップ大会に行ってきました。先に言っておきますと、結果もそうですが。内容が酷すぎました。自分の実力の無さに呆れるしかありません。
では、いってみましょう。

2/10木曜
会場:ブックセンターいとう東中野本店
人数 形式:7人 スイスドロー
レギュレーション:オープン(実際はネオスタンのみ)
使用デッキ:3色宇宙人みくる改

1回戦 長門単
前回の初戦と同じ対戦カード。
こちらのL0は割られないが、相手のL0を割り続ける。アタック数に差がついたままL1へ。
相手のL1の2ターン目に1/1/7000を2枚立てられるが、助太刀をガン握りしておいたので返り討ちに。
ここを起点に主導権を握る。以降、相手のアタッカーが沸かなくなる。
相手L3先上がりから《おめかし 長門》。後列に1枚出していた《宇宙人 長門&朝倉&喜緑》が処理される。
ここで更に相手は《夏祭り 長門》を出して《残り二週間の夜》。しかし、おそらく勘違いと思われるプレミ発生。こちらの《夏祭り 長門》が後列に下げられていたため、《夏祭り 長門》が残る。こちら10500で相手14000だったので、助太刀圏外だった。
アタックによってL3に上がる。
《ネコミミ みくる》でロックし、こちらも《残り二週間の夜》を張ってソウル2キャラ2枚を刈り取る。
そのまま続けて勝利。

2回戦 黄緑メルブラTD改
最近始められたとのこと。
結果を先に言うと、負けました。その時は全く自覚がなかったのですが、終わってから考えると、誰がどう見ても嘗めていた。CXの動きはお互いに全く問題なし。言い訳の余地は一切ない。結果が全てを物語っている。

L0はこちら有利で問題なく進行。

L1に相手が先上がり。後列に応援2枚と、前列に1/0バニラ、1/1/7000、1/1/6000アンコを並べられる。6000、8000、6500。
この盤面に対して、私はサイドアタックを連発。《水着のハルヒ&長門》が引けず、1/1/4500カウンターである《“新しい”タタリ》の影がちらついたのもありましたが、それでもあの日和っぷりは有り得ない。なぜハンドを攻めるという当たり前の発想に至れなかったのか。
返しに助太刀で1/1/7000を割ろうにも、パワーラインを見誤っており、失敗。
そのまま1000/1CXでこちらがL2-5に。
《宇宙人》を並べて《夏祭り 長門》を早出し。ただし後列1枚はアタッカーという不毛さ。
盤面を決定し、CXも無いのでアタックフェイズ突入を宣言しようとした時、《“新しい”タタリ》を消費させなかった自分の愚かさに気付く。
こちらの長門は10500.対して相手は先ほどの3枚がそのまま残っている。《“新しい”タタリ》を撃たれれば、どこで殴っても相打ちか負け。
ここでの私の選択はサイドアタック。もうね、本当に救いようが無い。1/1/7000がなんとか1面を取って残りは真ん中でチャンプ。

そしてターンを渡す。相手はL2。
相手クロックセットツードローをスルー。途中に1回スルーがあったのと、CXを張って殴ることが多かったため、この時点で相手の手札は4枚。
キャラを1枚圧殺しながら《夢魔 白レン》が2枚登場。これで左右9500+500なので10000。1000/1CXを撃たれても11000なので助太刀圏内……と思っていたらここで《“新しい”タタリ》。1000/1CXまで張られて2枚の長門が討ち取られる。通って3-5。

こちらセッツースルーからネコミミロックトラハルおめかし追加まで展開。《残り二週間の夜》を張る。
相手のハンドは0なのレン2枚を倒す。相手ストックは5ほどあったが、コストアンコールはなし。
ここで相手が3-3。こちら3-3。
相手盤面にはソウル1が2枚。経験のためにレベル置き場にソウル2が置かれている上、ネコミミのソウル-1、CX封じと合わせて勝利を確信する。
相手ターンドロー。セッツードロー。
出てきたキャラは《堕ちた真祖 暴走アルクェイド》と《使い魔 レン》。ソウル2のキャラが2枚発生。
うげ、と思った時点で既に時遅し。
「フロント2点から2点」「通ります」「フロント2点から2点」「通ります。ありがとうございました」

3回戦 エリー単
L0の動きは問題なし。多少相手が事故っているくらい。CXを張ってL1をスキップさせる。
相手はL2初ターンになっても2パンで、十分にストックが確保できない。
《水着のハルヒ&長門》でのらりくらりとしていると、返しに《本好きなエリー》が登場。ここでハッとする。
エリーのチェンジを、リフレッシュタイミング調整で防ぐところまで頭が回っていなかった。
《夏祭り 長門》を10500で立てた返しに《ハロウィンナイト エリー》が登場。更に《恥ずかしがり屋 エリー》と《トライアセンド》で長門が割られる。
この後は少し曖昧で、確か相手がL3先上がりだったはず。それで3-3だったかな。
そこから《ハロウィンナイト エリー》が舞台に計4枚出揃う。3-0に。
余った枠に《恥ずかしがり屋 エリー》が登場して長門が再びアディオス。こちらL3に。確か3-1。
ストックは潤沢だったので、ネコミミおめかし夏祭りで《残り二週間の夜》。これを2枚目3枚目でキャンセルされる。打点が通らない。
こちらの返しのキャンセルもそこそこ強く、3-3か3-4くらい。
その返し、2枚目のみくるで延命手段を確保しつつ、《サムデイ イン ザ レイン》で3点が3面。しかしまたもや全キャン。
結局11500をほとんど割れないまま敗北。


と、いうわけで、1勝2敗です。
事故はなかった。自分の実力がもろに出た結果です。
自分自身のアホさ加減に心底呆れた。穴があったら埋めてもらいたい。
慢心からくるひよりきった糞プレイング。メルブラプールの把握不足。ひいては知識不足。
更にそれを次の試合に引きずって集中力を欠き、プレイング方針を定めないまま進めてしっぺ返しを食らう。パワーライン確保もおざなりで、3戦目は、どう考えても《ギタリスト 長門》を出しておくべきだった。
全力のプレイングを出来ずに負けるのは、事故とは比べ物にならないくらい悔しい。

と、いうわけで、大反省会でした。大会レポ=反省レポート。
ちょっと読むに耐えない記事でごめんなさい。でも良い勉強にもなりました。
あ、トリサバ出場は無事決まりました。2次募集をするとなると、1次応募者は全員通ったっぽいですね。1200人とか尋常じゃねえ。もし当たることがあれば、その時はよろしくお願いしますね。

それでは、また次回。

2/10 チア衣装の小萌・異能の右手を持つ男 当麻

今日はお昼に、ヴァンガードとミルキィに関する発表会がありましたね。ライブにFTアニメのアーティストが参加するということで、FT第2弾のフラグが微妙に立ったものの、WSに関する明確な発表は一切無く、ヴァンガードのPR(プロモじゃないよ)が物凄いということだけ分かりました。思っていた以上に武士は本気です。遊戯王DMと戦う気でいやがる……。
成功すれば人気作品参戦の資金となるので良いのですが、もし失敗するとなると、そのしわ寄せは現状武士の主力であるWSに来るわけで。
私にはマーケティングの知識が一切無いので、あのやり方がどれだけ正しいのか分からないけれど、なんとか成功して欲しいものです。ヴァンガードを遊んだ小学生がWSに流れてきてくれても面白いので、それにも期待。

さて、そろそろ今日のカードに行きましょうか。
発表会が関係しているのか更新が遅かった今日は2枚公開です。明日は祝日なのでなさそうですね。

ws_today_kome.gif
なんかエロい。そして使える。やっぱエロい。
《耳年増 あーちゃん先輩》が思い浮かぶ。
先のカードは敵味方を問わないレベルパンプも持っていて、様々な用途が考えられるスーパーカードです。
このカードはサーチ範囲を広げたことで、サーチテキストだけになっていますが、使い勝手の良さは保証されています。
《超能力》《特徴なし》が絡むなら常に採用を検討できますね。
テキストもイラストも納得のRでしょう。

ws_today_to-ma.gif
ついに来たL3とーま。現状では弱いのではないでしょうか。

誰でもまず思い付くのが、相打ちキャラへの弱さ。普通は腐るはずのカードが意味を持って殴ってくるので、擬似的に相手のドローの質を高めてしまう。
そして、レベル応援を受けられません。これがなかなか致命的。11500の基本ラインを作ることができない。《検体番号ニ〇〇〇一号 打ち止め》を置けば……と思っても、11500は自ターンだけで、そもそものカードパワーが低すぎて採用したくない。
で、3つ目。サイドアタックを許してしまう。
《回復魔術》の存在故、相手にサイドの選択肢を与えるのはよろしくない。自身の自動効果とも噛み合わない。

このカードが微妙に見えてしまう原因は、なにより後ろ向きなカードデザインにあります。
L0になることを代償に得た能力が、相手の能力に選ばれないことと、正面のソウル-1。
これだと、メリットとデメリットが同一線上で打ち消しあって、長所短所にならなくなってしまうんですね。
L0になることで生じる不利益を、そのまま消そうとしているに過ぎません。
極端な話をすれば、『L3でパワーが500しかないけれど、登場時に2点回復できる』の場合、デメリットはデメリット、メリットはメリットで存在しているのが分かります。デッキに採用する際は、L3での盤面を軽視してでも回復したい。という明確な理由に基づいてスロットを与えるのでしょう。
この当麻の場合はどうでしょう。L3で2コストを払ってL0を出してまで、欲しい特性を持っているでしょうか。
大雑把な認識としては、1番下の自動効果しか持たない3/2/10000です。

そうなってくると、《“流星”ブラック★ロックシューター》と似たり寄ったりの評価になってくる、ということです。

このカードが評価されるのは、L0であること、または《特徴なし》であることが大きな利益になるようなカードが登場した時です。
《美琴のルームメイト 黒子》《検体番号ニ〇〇〇一号 打ち止め》《“吸血殺し”姫神》程度ではどうしようもありません。
出てきたとしても、ファンデッキ止まりになりそうな気もしますけれど。
魔術と科学を交差させようとした試みは立派なんですけどね。



ちょっとごめんなさい。
無茶苦茶に眠いので、言っている内容は」ともかく、文章構成がかなーり支離滅裂になっていると思います。
読み難かったとは思いますが、その辺りはご勘弁いただけたら。
この間のインデックスの絆先は、どうやらL1になりそうですね。ほら、盛大に外したでしょう?(

次回は、今日のカードが無ければ、10日の大会のレポを書こうと思います。
大反省会になる模様。
それでは、また次回。

2/9 “空力使い”婚后

ws_todaykg.gif
確か狼藉ですのとか言ってた子。いやディスってるわけじゃないです。
うーん。昨日の絆先じゃなかったか。まあしょうがない。

《運動好きな真》の互換カード。同じくL0で同系統の能力を持つ《初春 飾利》と違い自身を対象に取れる。割合使い勝手は悪くない。自身も2500あるし。
ただ、この前の黒子が4枚、後列が4枚前後、常時3500以上のデメ持ち、システムキャラ、としていった場合、このカードのために割く枠が残っているか怪しい。
現状攻めが若干不安な魔術サイドとも合わせられない。
しかしレアリティがUなので、パーツが集まらない内はお世話になる方も多いのではないでしょうか。


昨日の絆先は、対応CXと合わせて木曜にHP+メルマガか、金曜に2枚公開とか予想してみる。
記憶持ちという予想でもあるので、記憶+CXシナジーって新しいな。エルザに次ぐ2枚目となるか。
まあどうせ盛大に外すんでしょうけどね。
いいもん、考えてる時間が楽しいんだもん(

というわけで、今回はここまで。
また次回。

2/8 歩く教会 インデックス

ws_today_b id
インデックスは口をω(こんなふう)にして、トラブルの匂いしかしない台詞を、しかし無邪気に言うのだった。
俺妹原作とのコラボですね分かりません。
ω <とうまー
可愛いから良いんですけどね。

うん、イラストはすごく強い。テキストははっきりとは言えない。
だって絆先が見えないとなんとも、ね。恐らくL3かL1だろうけれど。まあどちらでも、このカード自体の扱いは割と楽なはず。
《猛勉強 クド》と、少し性質は違えど《零帝 リオン》からも、きっと絆先は記憶持ちでしょう。
カード名から絆先の色が判断できないんだよなあ。
とうまーの単体カードなのか、2人のカードなのかもちょっと分からない。
とうまーファンの方には申し訳ありませんが(私もとうまー好きですよ)、極力単体カードは減らして欲しいかなというのが本音です。現状、インデックスの特徴がついていた方が《特徴なし》よりもプラスなので。

絆先が明日公開されることを祈ってます。楽しみ楽しみ。
ではまた次回。

2/7 お姉さまへの憧れ 黒子

ws_today_krk.gif
これは……! 本格的に禁書電磁始まってるな。
絵もテキストも強いとかなんかもうひゃっほう! 更には原作再現臭まで。《メイド服の黒子》なんていなかったんや!
移動能力持ちのL0がどれだけ強いかっていうのを今更語る気はないので、とにかく強いとだけ。
禁書電磁を組んでみた方なら、これがどれだけ望まれていたかお分かりいただけるはず。
《超能力》《風紀委員》というのも武士の本気を感じさせる。
ものすごい贅沢を言うなら、もう1つテキストが欲しかった。人間の欲に限りなどないのだよ!
いや、すみません。2000ラインある時点で十分強いですはい。
《月詠 小萌》置いて攻め時3500余裕でした。
禁書電磁に足りない要素が消えていく……。
ほんっとにテンション上がるなー。

メルマガで公開あったら追記しますね。
ではまた次回。

追記です。
ID/W13-080 R CH 「“追跡封じ”オリアナ=トムソン」
青/レベル:1/コスト:0/トリガー:0
パワー:4000/ソウル:1/《魔法》《本》
--------------------
【自】[(1)]相手のアタックフェイズの始めに、あなたはコストを払ってよい。
   そうしたら、あなたはこのカードを後列のキャラのいない枠に動かす。
--------------------
物理的な炎では、お姉さんを熱くすることはできないわね

移動能力。そんな気はしてました。
これは微妙と言わざるを得ない。
毎ターンアタックできますよ^^ と言いたいにしたって、世の中には《いつものハルヒ》ってカードがあるわけで。
1コストで1枚分得したいなら、ネオスタン内に思い出も増えて小萌先生対応の《氷華&インデックス》がいるわけで。
5000だったらワンチャンあったのにな。
それともあれかなー。なにか気付いてない使い方があるのかな。
現状だと思いつかないので、プールの情報待ちですね。

あ、《氷華&インデックス》って《魔法》と《超能力》指定の記憶を同時に発動させられることに気がついてしまった。
現状《不思議シスター インデックス》が強いので、《超能力》指定を待つのみですね。
あとはL1で相手をきっちり処理できるギミックが必要です。

では今度こそ、また次回。

WSコラムその2 ダメージレースあれこれ

3パンの記事の延長です。果たして私は、言いたいことを分かり易く書けるのか。
あまりに長いので追記へ。お手数ですがご理解いただけたら。

続きを読む

WS大会レポ1 ショップ大会

2月になったということで、前々から書きたかった大会レポを書こうと思います。
読者様から「知らねーよ! もっと面白いこと書け!」と言われそうですが気にしなーい。

2/3木曜
ブックセンターいとう東中野本店
7人 スイスドロー
レギュレーション:オープン(実際はネオスタンのみ)
使用デッキ:3色宇宙人みくる

1回戦 長門単
相手は《宇宙人 長門&朝倉&喜緑》が入っていないため、盤面はこちらやや有利で進んでいく。
《水着のハルヒ&長門》も非採用なので、ダメージレース有利もこちら。
L2相手先上がりからの《チャイナドレスの長門》《夏祭りの長門》の同時展開が割り難かったものの、《水着のハルヒ&長門》を絡めて問題無し。
L3相手先上がりからおめかしされて後列を潰されるが、後上がりから《ネコミミみくる》でロックして危なげなく勝利。

2回戦 ハルヒTD+α
最近始められた方で、TDにEXのカードがちらほら。
盤面を終始取り続けてハンドを枯らし、後上がりからみくるがロックを決めて3-1で勝利。
相手は《お花見 ハルヒ》を採用していましたが、ソウル1の弱さがもろに出た試合でした。

3回戦 エリー単
序盤から3パンと1000/1CXを連打して大きく打点有利をもらう。
返しで割られても、こちらの《宇宙人 長門&朝倉&喜緑》が次弾を持ってくるので息切れは起きない。
《ハロウィンナイト エリー》へのチェンジもリフを挟むことで阻止し、展開をワンテンポ遅らせる。
L3で何度かエリーに回復をさせたものの、おめかしとみくるがロックして勝利。
しかし《ハロウィンナイト エリー》はやはり強かった。《夏祭りの長門》のシナジーで割ってもチェンジで簡単に帰ってくるとか嘘臭い。レベル応援がなく12000止まりだっったものの、13000+αだったら割れる訳がない。殴れるグレイとかどうかしてる。
ガチ構築なら休憩上位互換まであるとか涙が出るぜ。
お花畑、あれ全然休憩の調整版なんかじゃないからね?


ちゅーこって、一応優勝という形になりました。
ただキャラ単2つと始めたばかりの方に勝っての優勝ですので、トリサバに持っていくつもりのデッキを使っていた立場からすれば、素直に喜べないところでもあります。
ミルキィ相手には本来、ぎりぎりでこちらがL3先上がりをして、おめかし+みくるを決めてしまわないとけませんしね。

デッキの感触自体は非常に良かったので、みくるについてもう少し勉強することにします。
それではまた次回。
多分明日はコラムになると思います。今書いてるところなのでー。

2/4 初春のクラスメイト 佐天・佐天のクラスメイト 初春

ws_today_saten.gif
ws_today_ui.gif
金曜2枚公開は初春佐天でした。わーい。
やヴぁいこれは可愛い。佐天さんマジレベル0。初春も可愛いけど僅差で佐天さんに軍配が上がる。
キャプ絵ですよねこれ。レールガンは気合入ってるなあ。

で、性能の話。
佐天さん強い。どんな初春でも初春は初春なんですね分かります。
構築を制限しない辺りが素晴らしい。《風紀委員》と“佐天”を対象にした優秀な後列初春がいればそれでよし。いなくても、これをもう一枚か適当な初春をどこかに置いておけば、ソウル2/9000アンコ+後列ですって言える。
しかしこんな簡単にバニラサイズ+アンコになれちゃうと、《“お姉さま”美琴》の立場が無さ過ぎる。《柵川中学の生徒 佐天》はストレージが定位置になりましたとさ。
ただ、特徴なしがどこまでマイナスとなるのか。現状は《“多才能力者”木山》《月詠 小萌》のサポートを受けられないのが残念ですが果たして。

初春は私的に微妙な評価。いえ、絆+αが弱いわけないんですよ。そして絆先をパンプ出来るのも弱いわけないんです。後列2枚で11000アンコールとか絶対頭おかしいですし。絆とアンコの相性も良い。
盤面を整えた時の強さは間違いないということは念頭に置いたまま、こいつ単体の話をしましょう。
L0で出しても何も割れない。L1で出しておくと後列圧迫。L2でようやく活躍。
となるわけです。初春佐天に固執し過ぎると、序盤のデッキパワーを下げてしまいかねないんですよね。
この欠点をカバーできるようならば、真面目に強いデッキが組めるのではないでしょうか。

ということで、今日はここまで。
また次回。

2/3 “Dedicatus545”インデックス

ws_today_in2.gif
イラストはちょっともう救えねえ。左目が開いてるとしたら明らかに魂抜けてるだろこれ。
仮にもRRなんだからさあ、もうちょっと気合入れようぜ。

ただしテキストは気合入ってる。上の能力は非常に扱い易い。L1でデッキ削っていけるし。
1/1の2コストチェンジにしなかった辺り、武士は空気を読んだようですね。
テキストを一切使用しないにしても0コスで出てきて殴れる。上だけ使いたい時でも必要以上にストックを消費しない。ストック消費を1、3、4で選択でき、一番下のCXも掃ける。2消費で掃きたければ、他の2コストハンド+1のカードを使えばいいのでもーまんたい。
チェンジ先が強ければ言うことなしの性能ですが、現状でも余裕で実戦級のカード。
こういう無駄のない器用なカードはありがたいですね。L1で青を使うなら、チェンジ無しでも2投安定。

ちなみにこの魔法名の読みは『ディディカートゥス』で、意味は『献身的な小羊は強者の知識を守る』 だそうです。
使う時読めた方がなにかと良いってことで。

話が前後しますが、これが1/1キャラだったかどうかで、180度強さが変わってきます。ミルキィやハルヒは、こういった無駄の無さの積み重ねで、プール全体のカードパワーを上げてるんですよね。

とりあえずここまで。
メルマガこいやー。

23:38追記

ID/W13-082 R CH 「不思議シスター インデックス」
青/レベル:2/コスト:2/トリガー:1
パワー:8000/ソウル:2/《魔法》《本》
--------------------
【永】記憶 相手のターン中、あなたの思い出置場の《魔法》の
   キャラが2枚以上なら、このカードのパワーを+2000。
【自】あなたのクライマックス置場に「魔滅の声」が置かれた時、
   前列にこのカードがいるなら、あなたは相手のキャラを1枚選び、
   相手の舞台のキャラのいない他の枠に動かしてよい。
--------------------
あんまり根を詰めるのは良くないんだよ?
--------------------

上のカードのチェンジ先。強いですね。
フレーバー的に上目遣いだったら超俺得。

相手ターンのみ、更に特徴を指定することで2000もの上昇幅を得ました。昨日の木山せんせいも特徴指定でしたが、そこは特徴のプール差なんでしょう。
相手ターン10000の強さは、最近のカードだと《深い溜息 コーデリア》、《闇を駆ける ブラック★ロックシューター》で分かると思います。
記憶の壁は2枚と3枚の間にあると私は考えていて、このカードは2枚。チェンジせずとも無理なく達成できそうです。

そしてついに来た1個目のCXシナジー。
相手の場に直接触れられるこのシナジーは強烈です。性質は違えど、カードパワーとしては《深い溜息 コーデリア》に全く引けを取りません。
“入れ替える”ではないので相手盤面を空ける必要がありますが、このタイトルは《冬の贈り物 インデックス》《謎の純白少女 インデックス》《アグレッシブな黒子》等、相手ターンに能動的にキャラを割りにいける優秀なキャラの存在故、空き盤面を非常に確保し易いので、このカードの優秀さに繋がっています。
チェンジから1ターン待ってシナジーを使うにも、記憶のおかげでチャンプを誘いやすいので、それもプラス。

記憶の《魔法》指定は一見、科学と魔術の交差を拒んでいるように見えますが、むしろ逆です。条件さえ達成してしまえば盤面を魔術サイドで固める必要がなくなりますので。その点では《深い溜息 コーデリア》を上回ってすらいると言えます。

問題は対応CXのみ。コストのかからないシナジーにはストック+1CXを出さない傾向にあるので、本、2000/1、+2の3択かと思います。
ていうかもしストック+1だったら最悪。+2も良くない。
本か2000/1ならどちらでも強い。そんなところでしょうか。

昼間にも書きましたが、細かいところで噛み合っているカードは強い。今日の2枚のカードで、武士の気合が見えた気がします。
記憶に関しても、極力実用的なテキストになるよう向き合っているのが分かる。
発売が待ち遠しいですね。
明日の2枚公開ではどんなカードが見られるのやら。
それではまた次回。

2/2 子ども達の先生 木山

ws_today_b (1)
レールガン勢力としては1枚目の公開カード。まさか木山せんせいが中学生を差し置いて公開されるとは思わなんだ。
テキストだけ読めばなかなか優秀。本人が《超能力》を持ってたら割かし壊れテキストのような気がしないでもない。《待ち合せ》を絡めるのは無理ですが、優秀な思い出キャラが1枚はいるはずですから。いるよな武士?

なんというか、単純にパワーが変動するテキストばっかりじゃないか……。
「新規の方向けに簡潔なテキストを数多く用意しました(キリッ」とか言い出しそうで恐い。

複雑なテキスト見せろー。
というわけで今回はここまで。
明日はHP更新時にここを更新して、メルマガの公開があれば夜にもう一度更新します。
ではまた次回。

2/1 蓮の杖の使い手 アニェーゼ

ws_today_an.gif
髪の毛ェ……。
普通に実戦級のテキストだよね。スペースがあるかは別として。
レアリティもUで良心的。ミルキィではTD限でした。
特徴《シスター》? なぜインデックスにつけないでおいてこいつにつけるんでしょうね。
こうなってくると《魔法》《本》が期待されていたオルソラさんは《魔法》《シスター》になりかねない。《本》《シスター》の方が原作的にもいいんだけど、武士よ、変な調整をするんじゃない。

イベント、システムキャラ、シナジーが見たいです。
では、また次回。

1/31 “お姉さま”美琴

1月ももう終わりですね。新年が明けて1ヶ月ですか。あっという間に12分の1。
ボーっとしてるとすぐに2012年になりますよ。
ではいってみましょー。
ws_today_miko2.gif
強いイラスト。黄RRの片割れである一通さんもですが、いいイラストですね。
《アルクェイド・ブリュンスタッド》が2コスソウル2になってアンコールを得ました。
上記のカードはなかなか優秀。これは現状、一通さん以上に微妙な評価という感じ。
ソウル2アンコーラーという時点で一定の強さはある。問題は永続効果。
全部満たしても9000です。条件付き9000のアンコーラーなら《果てしない高さへの一歩 クド》が超強いので、どうしても見劣りしてしまいますよね。《超能力》《カエル》をどこまでサポートを受けられるかがポイントになります。
また一通さんを引っ張って来ますが、彼同様、後列に《冥土返し》を必要としない点は立派なメリットです。後列1枠でできることはたくさんありますしね。
とりあえず《アグレッシブな黒子》+何かを置いて2枚とも寝かせておけば、相手『このカードを後回しにしてパワー下げたい。でも後回しにするとアグ子入って処理できない』くらいはできるんじゃないでしょうか。
うーん、それを考えるとL1に欲しい能力だよなこれ。

で、メルマガ公開カードです。
ID/W13-008 U CH 「メイド候補生 舞夏」
黄/レベル:0/コスト:0/トリガー:0
パワー:500/ソウル:1/《メイド》
--------------------
【永】応援 このカードの前のあなたのキャラすべてに、パワーを+500。
【起】[あなたのキャラを2枚レストする]
   あなたは自分のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+500。
--------------------
メルマガにもあるように、《プール掃除》に続く後列2レストを達成できるカード。HPでの公開カードと合わせて使えますね。
難なく強い応援。Uが強いのはいいことですね。問題があるとすれば特徴が《メイド》のみであることでしょうか。禁書電磁内では、低レベルからこいつを持ってくる手段は非常に少ないと思われますので。
で、こいつの強さはコスト要らずの起動効果持ちであるということ。
《謎の純白少女 インデックス》を置いた状態で起動すると「500パンプから《魔法》キャラに1000パンプします」をL0からノーコスで言える。これは凶悪。本格的に魔術サイドきてるな。
そして《天才魔術師 ステイル》が12000で殴れますね。つえー。
インデックスと舞夏が仲良いのはわかる。しかしステイルお前……。

ここまでの公開カード、私としてはかなり好感触です。完全な死に札が《学園都市の第一位 一方通行》くらいなので。
黄RRが高騰しにくそうなのも嬉しいところ。
明日辺り、そろそろCXシナジーが見たいですね。
あ、それから、《冥土返し》を考慮した製作側のバランス調整策として、自前でアンコールを持つキャラが増えることを割とディスってきましたが、それは当然カードによりけりです。
今日のカードも金曜のカードも、自前でアンコールを持つことで強くなるタイプのカードだと思いますので。
では、また次回。
FC2カウンター
プロフィール

めさん

Author:めさん
基本的にme(読み:みー)であちこち活動しています。
Twitter:mizki_me
SkypeID:mizki_me

記事へのコメント、なんでもお待ちしております!
 

*このブログ内のカード画像、テキスト等の著作権はブシロード様及び各製作会社様にあります。

最新記事
最新コメント
Twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

あずにゃん時計
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。