スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014 11月17日 今日のカード

今日のカードの記事とか何年振りだよって感じですね。
今調べてきたら2年ぶりくらいでした。
ws_today05.png
トッキーこと時津風ちゃん!
記事書いた理由はこの子が公開されたから! 単純明快。
犬派の僕にはたまらないこの子。ゲームで見た時から心奪われてしまいました。
しれぇ!

文句なしの立ち集中。
電ちゃんのサーチ対象にもなれるこのカードの登場により、艦これの殺傷力の高いレベル3キャラをより簡単に3面展開することが可能になったと思います。
対艦これを見た時、現状は島風をゲーム通してケア仕切れば、ツモがグダついた場合に崩せる目が出てきます。

敢えて『このカードの登場により』と記述したのは、多面展開補助として見た時に比較対象になる、伊8を考えてのこと。
上の繰り返しになりますが、現状の艦これは、ツモがグダついたり、CXが2週目の早い段階で少なくなると、3の高いカードパワーが十全に発揮できないという課題を抱えています。

ゲーム中、盤面を重視しなくなった段階で、このカード1枚で安全な山と十全な手札を作られると、相手としてはたまったものではないですね。その段階からの常駐の選択肢も含めて、伊8に勝る点のひとつです。
殺傷力が直接印刷されたカードではないものの、デッキの殺傷力を高めるカードであり、艦これの追加がたとえこれだけでも使用者歓喜というレベルのカードだと思います。

WSというゲームはより簡単に。構築面、ゲーム中ともに、重視しなければならないポイントも、またずらさなければなりませんね。

おわり。
スポンサーサイト

今日のカード 9/14

おはようございます! 久方ぶりの“今日のカード”です。
さくっと参りましょう!

ws_today_b (1)
《“魔法の第三感情”クリーミィ☆かがりん》
なにこのイラストアドバンテージの塊。
フリルが! タイツが! キャラゲーとしてはRRで間違いない。

ではTCGとしては、という話になると、うーん。
デメリットを設定されるほど強力なテキストとは言い難い。
『加速』というキーワード、即ち1クロック増加というのは非常にシビアで、相応のリターンが求められる。
この場合のリターンのパンプアップは、リスクリターンがお世辞にも釣り合っているとは思えない。
レベル0、1キャラのクロック増加は、それをケアしてゲームをするための時間が残されているが、レベル2となるとそうはいかない。

ただ、繰り返しになるが、イラストアドは尋常じゃないので、是非1枚は手元に欲しいカード。

ws_today_b2 (10)
《“カリスマ魔女様”朱音》
この制服もかわいいですね、やっぱり。

突然記事を書いた理由が、まさにこのカード。
テキストは読んだまま、『回復メタ』。
処理に関してのQ&Aを載せておきます。ホリさんツイッターより転載。

今日の会長によくある質問
▼クロックが2枚控え室に置かれたら→2回発動します。
▼レベルアップ→発動しません。
▼クロックから控え室以外→発動しません。
▼あなたの効果で相手のクロックが控え室に→発動しません。
▼ストックが1枚以下の場合→2枚控え室に置くことは選べません。


ダメージ有利をつけてしまってから放り投げても良し。回復してから立たせても良し。どうしても回復したければ、圧殺登場回復でも可。
パンプテキストまでついたイベント(キャラ回収対応)のような、そんな立ち位置。
基本的に、プレイして自分が想定外に不利になる場面はほぼ考えられない。とんでもないパワーカード。
2種類の青い既存L3とも仲が良い。

リライトが環境に食い込むようだと、非常に面倒。
選抜規制後にこのカードの登場という追い討ちをかけられたゼロ魔ユーザーは、辛い冬を送ることになりそうです。

WS今日のカード 5/3

こんばんは!
雨が続いて外に出られません……ということはなく、AWを5巻まで買ったり、雨合羽を着て自転車でアルバイトに出掛けたりしていました。
AW面白いですね! 買ってよかった!
やっぱり、原作を買った状態でカードを触りたい気持ちもありまして、来月までには既刊を揃えて読んでしまいたいですね。

ではでは、公開カード紹介に入りましょう。

ws_today_syarr.jpg
《大はしゃぎ! シャルル》
いーいおっぱいだぁ。
普通にかわいいよシャルルちゃん。

ストックコストを使わずに思い出を肥やせる優秀なテキスト。
シフトがついたことで、プレイする機会はさらに多く。思い出を意識的に肥やしたい=満たせないとデッキとして問題外 であるはず、というかそれくらいで組まないと強いデッキにならない気がしたり。
この場合の2500→2000は気にならない。強いパターンのシフト持ち。

現状で見えているプールだけで考えるなら、既存のカードとのシナジーを主にしてデザインされたように見える。
《くすぐったい毎日 音姫》のチェンジをメインプランに据えたデッキタイプがどこまで頑張れるか。


ws_today_b2 (9)
《息抜きデート サラ》
だからさ、あんたらかわいすぎんのよ。
本当にDCⅢはどうしようもなく絵柄強いなあ。
名前がカタカナなのは、ネタバレに関連する何かなのかな。

《うつむく集》の互換カード。
集中カードが出る度、《小川で遊ぼう!》とのシナジーが槍玉に挙げられるけれど、今回は、普段とは違う形で問題視されている。
結論から言えば、『遅延プレイ』に関する問題。

ツイッターに呟いたものをそのまま貼り付けると、

「《小川で遊ぼう!》 をプレイします。
 何枚引くか考えます。2ドロー。
 何戻すか考えます。(パチパチ)戻します。
 《息抜きデート サラ》登場させます。集中するか考えます。集中します。2ヒットで。
 何戻すか考えます。うーん。《木琴占い》と《小川で遊ぼう!》で。
 《木琴占い》プレイします。何を控え室に置くか考えます。これとこれです。
 《小川で遊ぼう!》プレイします。何枚引くか考えます。2枚で。何戻すか考えます」

続けようと思えばもうちょっと続くかな。とまあ、こんなことができてしまう。
一連の動作で5分くらいは持っていけるはず。
あとは遅延を続けていれば、木琴の回復分で勝てるって寸法。
毎回これで勝てると言っているわけではないのだけれど、お互いのキャンセルが奮って時間が少ない時にこれを行って勝とうとする人は必ず出てくるはず。
もちろん推奨される勝ち方ではないけれど、大会ルール的にまかり通る場合があるため、こんな挙動ができるデッキと当たった際には注意してもらいたい。
自分のプレイを速くするなり(しかしプレイミスが出ない範囲で)、相手が明らかに故意に時間を使っているようであれば、ジャッジに報告するなり(最初はプレイヤーに直接、かつ紳士的に注意すること)すること。
今回の大会から、時間切れに対する処置を厳しくするとかブンケイさんが言っていたけれど、どうなることやら。

で、こんなくだらない話は置いておいて、純粋に性能の話。
上述の通り、イベントを拾う挙動が魅力的。
小川と組み合わせるならコレ、小川が入らないなら《ショッピング中のことり》と、構築段階で選択肢を持てるのが素敵なテイスト。


こんなところで。

今日は徳島で地区決勝がありましたね。
決勝卓にはとあるとシャイニング・フォースが残ったそうで。
優勝はとあるだとか。相も変わらず『お嬢様コンビ』『屋根下』は凶悪だったと。
SFに関しては、まあ着替え中とレイスちゃん強いよねって話。それよりもイクサって略したい(ぇ
使用タイトルとして多かったのは、まどマギ、ハルヒ(長門)、ディスガイアだったとか。
まあ順当に5強という感じ。
個人的に1番当たりたくないのはディスガイアで、時点まどマギ。
ディスガイアはミラーをしたくないという気持ちから。
まどかは《癒しの祈り さやか》が立った瞬間、「飛天っ!」って言おうが「通りすがり!」って言おうがハンドが減らないのが、相手していて辛い。
簡単に後列焼かせてくれる相手だとすごく楽なのだけれども。

明日は久々に旧知の仲間と遊んできます!
ではまた次回。

今日のカード 5/1 5/2

こんにちは!
GWっていいですね! いつまでも寝ていられる!(

それではさくっとはじめましょう。

img_125614_23094600_0.jpg
《森の妖精 ティファニア》
水着? 下着? 後者ならいやらしすぎるんだけど。

小鳥さんだったり、ロリ先生だったり、フィレスだったり、ツグミだったりする。
その強さは言わずもがな。
ストック掃き、ハンド浄化、回復リソース確保。八面六臂の活躍を見せる。
ツグミのRRはやりすぎだった。エクストラのRならまだ許せるけれど(それでも首傾げ)。

欲しい集中をささっと拾ってくるのがメインにはなりそう。
ただ、ゼロ魔ネオスタンはこれに割く1コストさえ惜しいので、ワイルドカードとして入る程度に見える。

img_125614_23094600_1.jpg
《素直になれない ルイズ》
顔歪んでるだけじゃないですか?(

先攻1ターン目に後列に置いてレストすると、鬼のように強い。
次点で後攻1ターン目レスト。
それより遅いと手遅れかな。焼きたいはずの移動キャラは、2ターン殴り終えているわけで。

遅いとはいえ、ストックコストを要求しない点は非常に高評価。
低レベル帯で、如何にストックコストを使わずに相手に負担をかけられるかが、ゼロ魔ネオスタンの課題となっている。

ws_today_morimori.jpg
《愛の狩人 キュルケ》
原作知らないとビッチにしか見えないごめんなさい。

《香水のモンモランシー》の互換カード。
集中で捲る枚数を+1するようなテキストで、他にも確定打点はもちろん、キャントリップCXと組み合わせてドローをしたり、とにかく用途が広く扱いやすい。
反面、どの動きを選択するのが強いのか、正確な判断が必要になる。
まあ慣れれば人間出来ないことはないわけで。


下の自動効果は、ゼロ魔だと強くもなんとも無い。
2コスト払えるわけも無く、ハンド枚数に困っているわけでも無く。
絆ならワンチャンあったのかもわからない。

色問題や、0での殴り合いの強さから、おそらくモンモランシーを使うことになるはず。

ws_today_b2 (8)
《コルベール先生》
ハ(ry

狩人から引っ張って来られるとか、どう見てもオヤジ狩りです本当にありがとうございました。
1/1/2000カウンターをゼロ魔で使うの……?
+αで、1コストかかる専用後列。
1枚は判明済みで、1/0/5000 自身+3000の4枚集中サイトくん。
L2以降の挙動は決まっているので、必然的に有効時間がL1の間だけとなり、デッキスロットの圧迫、後列の圧迫から強いとは言い難い。
もう1枚が1/1/8500アンコールくらいのぶっ壊れでもない限り、ストレージで眠るカード。


こんなところで!
AW、面白いですねー。
先輩の告白の台詞、「未来の王に跪きたいという思いと――」が厨ニ格好よすぎて、AWという作品に惚れてしまった。
先輩にブヒったわけではない(重要)。かわいいことには間違いないけれど。
なので、今から町田ブックオフに原作買いに走ってきます。
中古がなければ、諦めてアニメイトかゲーマーズで新品買ってきます。

それでは、また次回。

WS今日のカード 

ゼロの使い魔パートに入りましょう。

ws00042502.jpg
《途切れぬ想い サイト》
デジタル画質。

普通に出すことはないだろう。2コストも払えるわけはなく。
2種類のカードと、デザイン段階でシナジーするため、ここではさらっと流す。

ws000423.jpg
《笑顔の別れ ルイズ》
感動のシーンなのかな。

1コストで前述のサイトくんを想い出に吹っ飛ばして、1/0/6000に。
この思い出送りは、L3ルイズのテキストを100パーセントで使うための必要経費なので、気にせず払える1コスト。
サイトくん4枚はやりすぎかなあ。L1時点で控え室に落ちていて欲しいので、集中があっても4(ルイズ)-3(サイト)くらいか。

img_125614_23058706_0.jpg
《無意識の力 ルイズ》
レイプ目ルイズ。

ほむらちゃんに引き続き、出てしまった白サイドのリフレッシャー。
まあアホのように強いわけで。
デッキ枚数調整はいくらでも可能なタイトルで、かつハンドを綺麗にするテキスト持ち。
更に《虚無》『ルイズ』と優秀な特徴とネーム。

チェンジ先をハンドに加えられる超安心設計。
強力なイベントが多く、スペースを割きたいゼロ魔的に、リフレッシャーとチェンジ元をひとつのカードで賄えるのは有難すぎる。
願ったり叶ったり、使われる側は超げんなりなスーパーカード。

《人質救出作戦》からこのカードをプレイするとか余裕過ぎる。


ws00042501.jpg
《相思相愛 ルイズ》
あらかわいい。

チェンジ先であり、最初に紹介したサイトくんとのシナジー持ち。
回復するチェンジ。
《ワールドドア》は扉CXで、基本的にL3はこの子を軸に考えるプレイヤーが多いはず。

で、サイトくんがノーコストで思い出から帰ってくる。
さらに3000修正。
15500で殴れる強さは、もはや語るに及ばず。
長門はもちろん、屋根下+木山+ビッグスパイダー、リーム+シリル+ファークリン+ガドフォールも踏み潰す。

仮にサイトくんが思い出から戻ってこなくても、3000修正だけは入れることができる。
L2で一連の流れがきちんと決まると非常に強力な動きとなる。

強力なカード郡であることは間違いないが、課題としては、チェンジするターンのフロントアタックのし辛さ、ルイズをきちんと守れるかが挙げられる。
このセットを使う場合はレベル応援は入らないはずなので、《エクレールダムールの花》あたりで守ることになるか。
更に、どこまでいっても相手のハンドを奪うカードのため、全体的な傾向としてハンドを奪う能力に乏しいゼロの使い魔プールの強みに逆行している印象は否めない。
フィニッシュ手段を別に用意する必要がある。
《微熱のキュルケ》《キュルケ・アウグスタ・フレデリカ・フォン・アンハルツ・ツェルプストー》《惚れ薬の力》《アンリエッタ・ド・トリステイン》等が現状有力か。


ws_today_site.jpg
《デルフリンガーの相棒 サイト》
俺を使え!(意味深)

刺さる範囲は比較的限られるものの、場所を選ばないバウンスは非常に強力。
《最凶の魔王ラハール》をバウンスすれば、相手は《超魔王ラハール》1枚=1点回復分のストックを失うし、《揺れ動く気持ち まどか》を戻すと、さやかちゃんが弱くなったり、回復が1ターン遅くなったり。
そもそも、全てのドローフェイズチェンジはこれ1枚で封殺できる。
《さやかの願い》を打たせないために、舞台から『さやか』ネームを消し去ってもいい。

CXがキャントリップなのも手伝って、非常に扱いやすい良カード。

ws_today_b2 (7)
《伝説の使い魔》
旧赤RR、《ガンダールヴ サイト》に対応させられるカード。
ガンダールヴが凶悪カードに進化した。

img_125614_23043092_0.jpg
《ガリアの王族 タバサ》
くぁいい。

連打可能な集中。
ノーヒットでもデッキを見てシャッフル。

文句無く強いテキストなのだけれど、ゼロ魔にいるの? これ。
連打して強い山を作るのはゼロ魔の勝ち筋ではないだろうし、そもそも、そこに使うストック的余裕はないはず。
生れ落ちたタイトルが悪かった、そんな1枚。


はい、ちゅーこってようやく終わりました。つかれたー。
DCもゼロ魔も相当強化されそうですね。
ゼロ魔は、したいことを絞って、ストックを割くべきところをきちんと考えておかないと、ストック面で痛い目を見そうなイメージですね。
それでは、また次回!

アクセルワールドが面白いから、古本屋に原作を買いに行こうか思案中……。
FC2カウンター
プロフィール

めさん

Author:めさん
基本的にme(読み:みー)であちこち活動しています。
Twitter:mizki_me
SkypeID:mizki_me

記事へのコメント、なんでもお待ちしております!
 

*このブログ内のカード画像、テキスト等の著作権はブシロード様及び各製作会社様にあります。

最新記事
最新コメント
Twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

あずにゃん時計
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。