スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相手よりツイてない試合の拾い方

ご無沙汰しております。

久しぶりに書きたいと思ったことがあるのて、書き残しておきます。
過去の記事を読むと、どんな屁理屈なんだそれは、ということが多々ありますが、それは前進しているからだということにして、さあ進めていきましょう。

テーマはタイトルの通り、カードゲームにおいて無視できない『運』を取り上げます。
最近周りで、勝ちきれない、負け試合はボコボコ、という声をよく聞く気がするので、良い機会だと思いました。
無意識に出来ているプレイヤーもいるでしょう。常識だと思っているプレイヤーもいるでしょう。けれど知らないプレイヤーもいるはずです。そんな貴方のための記事です。

運は平等に振れません。当然ながら残念ながら。
それでも勝たねばなりません。男だから。

ではどうしたらいいか。
運が相手に振れているならば、リスクを取りましょう。貴方が探している最善手は、実は『無難な一手』ではありませんか? 勝った試合の勝つ時の流れに乗るように、なんとか軌道修正しようとしていませんか?

パンチ数が足りなくなる恐れがある状況での2枚レスト集中や、ドロー内容によっては殴れない可能性のあるセットツードロー。ゲームに不慣れな頃を思い出します。
失敗して詰んでしまったこともあれば、運良く成功し、結果負けたものの良い勝負が出来た、あるいは逆転して勝ってしまった、そんな記憶はありませんか?
ハイリスクに対するハイリターンが成功した例です。リスクを度外視した選択が良い結果をもたらしました。

これがビギナーズラックの正体です。だなんて、もう使い古されていますよね。

ゲームに慣れた貴方なら、これをもっと高い水準で行えます。もたらされる恩恵を、勝ちを決めるまでのパズルのピースのひとつとして勘定して、いわば『幸運を最高の状態で受け入れる準備』をした上で待てるのですから。

スポンサーサイト

2015年前期

お久しぶりですね! 画面の前の方にではなく、fc2の更新画面に向かってって感じです。もうそろそろ会ったことある方以外は読みに来られていないでしょう。

今期の遊んだ記録を、雑に簡潔に。

①PM東京地区
TCG公式イベント参加はPMからスタート。結果だけ見ればブロック5-0通過全国招待。本人がいちばん驚いたし、勝った人間が言うと顰蹙を買うけれど、それでも一番納得行っていないのも本人。
唯一の所持デッキである恋愛ラボが実践レベルでギリギリ通用する(しない)最後のPM地区。
普段PMをやっていないので、スリーブを買いに行くついでに4-1くらいして景品貰って帰るくらいの気持ちで出に行きました。
『その日持ってる』人間になる体験を自身でしたことで、TCGに対する悟りがひとつひらけたとは感じていて、TCGに関しての収穫はそこ。
イベント前後きっかけでPMをやっている人とたくさん知り合えたのが真のプラス。

ちなみにスリーブは目の前で売り切れました。加藤ちゃんのやつです。僕の誕生日は9月17日です。

②WS仙台
WSシーズン開幕戦。急に行くことを決めたので朝新幹線で行って、まどかタイカプに参加。
1没して飲み会参加して帰ってきました。

ちなみに行くこと自体は急でしたが、まどか新弾発売日からめっちょ準備してました。

③WS札幌
お値段以上さん、デスカッターさんとチームを組ませてもらってのトリオに出場しました。ニセコイで大将に座って結果は2位。男なら全勝しろ。トリオ2位だと自分より上に3人いるので、そういう意味ではもう入賞圏外って感じですね。

ちなみに、チームのお二人には本当にお世話になりましたし、今もなっているので、感謝しっぱなしです。

④PM全国
冴えないを握って3-3でおわり。名古屋旅行的には楽しかったです。調整段階でぱんにゃくんと遊んだり、エスパーくんと遊んだのもちろん楽しかったです。

ちなみに、現地で彼とWSの話をしたのがTCG的にいちばんタメになりました。

⑤WS名古屋
オトナメンツにまぜていただいて、車で遠征。
GFグドスタを持ち込んでネオスタン。予選4-1から抽選抜けて1没。何も残りませんでした。男なら全勝しろ。
喫茶マウンテンのメロンスパ、控えめに言ってウンコでした。ウンコ。
旅行的にはクッソ楽しかったです。ウンコ食ったけど。クッソ楽しかったです。

ちなみに、カプセルホテルに泊まったんですけど、コナンの映画で出てきたコクーンみたいなカプセルじゃないんですね。勉強になりました。

⑥しろくろフェス
ゆ〜じくん、こうちゃくんとチームを組んでのトリオ。青赤GFで大将に座って、個人5-1のチーム5-1抽選落ち。男なら全勝しろ。
なかなか機会の無い同い年チームだったし、準備期間も長く取れていたのでいちばんになりたかったですね。

悔しすぎてちなめません。
ふたりともありがとう。また遊ぼう。


こんな感じの今期でした。電車に乗ってから家まで書き続けてしまいました。
来期は全勝して男になりたいですね。

今期から変わったことといえば、敬遠していたショップ大会に出るようにしたことでした。(回りくどい)
知らない人の、知らない理論の、知らないデッキとやって勝つ練習という意味合いになりますが、その効果が来期に出るのか、出ないのか、乞うご期待。

ちなみに、前川プレマ最高ですよ。

おわり

移動中暇なので。

おひさしぶりです。新制限艦これをすこし触って遊んだので、雑に綴っていきましょう。

唯一無二のパワーカード三枚が選抜に入りました。
現状まで担っていた役割をさらうと、

初風→言わずもがなの8扉封印術の使い手。扉を不要とできるプール内のサポートを受けて、扉前提で製品の調整が為されているプールをもつタイトルに対して一方的に有利になれる構築を可能に。
終わりの見えなかった扉マシマシ当たり前の時代を終わらせるほどの影響力を誇りました。


響→単体完結回復キャラのスペックが貧弱な艦これプールで、「じゃあ回復キャラ使わなくていいね」を可能にするつじつまあわせ。
初風が殺した8扉デッキは基本的に、集めたリソースを回復キャラに変換することが勝ち筋の基本で、響はそれらを二重に抑え込んでいました。ただでさえ抱えにくくなった回復キャラを出しても3/4のカードになるとあっては、従来の戦い方などできるわけもなく。


赤城→これもれっきとした唯一無二。
対応宝と2ドローで、レベル2で対応CXをプレイしても(山に戻しても)構わないという点で、隼鷹の抜けた黄緑艦これの打点の細さを補い、デッキとして成立させるだけのパワーカードでした。

らしんばんを探したり、ドローしながら暁を絡めて同名や他フィニッシャーのゲット等、ストックを吐く融通の利かなさを補って余りある柔軟性を持つフィニッシャー。
赤城さえ握っていれば、それ以外のリソースを全て目の前の状況に充ててよい、という他のカードにはない寛容さです。


前期猛威をふるったニセコイは相当するパーツを入れ替えるリペア、という形をとってなお強力なデッキのひとつとして君臨していますが、こと初風響赤城の並びはリペアがどうしようもなく利きません。

初風と響が共存できないことで、メタが片方しか機能せず勝ちにくい、という論調からは少しズレて、
初風と響どちらからみても、自身のカードパワーを十全に発揮するアーキタイプを失ったことで、新たなアーキタイプの確立が必要であるという話になっていくと考えています。

選抜のカードを使ってデッキを組む場合、今までのような王者視点からの構築が不可能になった、と言い換えてもよいと思います。
そのときそのときの環境で、メタを張るべき相手を見極めて、虎視眈々とトップの首を狙うような強かさが求められます。

環境が定まっていない今現在は、普遍的に強い構築を作ろうとしたとき、赤城を選抜
するのもあり得るのかもしれません。初風と響のどちらかを選抜してデッキを考えるほど、赤城の艦これプールとの噛み合いが際立っていく印象を受けます。既存アーキタイプにとらわれているだけ、とも言えます。(苦笑)

つらつらと駄弁って、選抜使用アーキタイプを呈示しないのもよくないと思うので、あまり深く考えずに挙げるなら、

電初風島風 → 伝統の殴り数要求からリソース供給を縛って自分だけリソース回復。
これに対応するためには、盤面勝負をする必要があるので、盤面を叩き割っていける構築にするとまとまりそうです。

響夕張 →形の上は2重メタ。回復はしないのでソウルを細くしない工夫が必要。自分で扉を使ってもよい。その場合は豊富なリソースから叩きつけるのは旧榛名。
初風が使えず黄色が出にくいですが、らしんばんを使う場合は榛名改二+暁で往年の動き改ができます。

赤緑赤城 →韻を踏んでくる高尚な何か。

当たり前ですがこれが全てではないですし、広いプールです。アイデアが浮かんでは消え浮かんでは消え。
少なくとも、WSを遊ぶにあたって、艦これプールを押さえておけばずっと遊べると言えるくらいには、とても優良なプールです。

強いの思いついたら教えてください。

おわり

2014

ミク2

回しているのを眺めていて、相討ち無効1/1と、6000を並べて1500カウンターを構えるのは結構つよそうでした。

置き相討ちを無効化した上でパワー越えを要求するので、相手のハンド質に対する圧力がそれなりに高い上、カウンターの質が高まるプールと非常に噛み合っている良いカードだと思いました。
後ろ揃えて1枚突っ立てるだけでも相手に要求するカードが多くなるのがグッド。
マジシャンを1週目で出さずに我慢して、ホワイト-ホワイトと後列を置いても強い。

1週目を終えれば上のカードに触り放題なので、1を厚く取るのは素直だと思います。

相討ち無効1/1を最も効果的に使えるタイトルとして、差別点にもなると思います。

1コスト払う価値のあるカードだと思います。
ミク組みたいです。
画面から出てきてください。

おわり。
FC2カウンター
プロフィール

めさん

Author:めさん
基本的にme(読み:みー)であちこち活動しています。
Twitter:mizki_me
SkypeID:mizki_me

記事へのコメント、なんでもお待ちしております!
 

*このブログ内のカード画像、テキスト等の著作権はブシロード様及び各製作会社様にあります。

最新記事
最新コメント
Twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

あずにゃん時計
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。